【新型スイフトマイナーチェンジ】2020年発売日予定!内装・外装デザイン

スズキのスポーティなコンパクトハッチバックであるスイフト。

痛快でスポーティーな走りと独自な存在感を光らせてくれるスイフト!

日本だけでなく世界に通用するコンパクトカーとして頑固たるポジションをキープし捨つdけている独自の存在感。

クロスオーバーSUV風のスタイルで、スイフトはスズキコンパクトカーの主力なんですよね◎

軽自動車ベースではなく、小型車用の汁力はシャーシ”プラットフォーム”や燃費を計算した”ハイブリッド”を新規採用!!よりスポーティなスタイリングを実現してくれます!

初代スイフトが登場したのは2000年で、現行型は4代目は2017年に発売されたんですが、この度モデルチェンジになり新型に変わります!

そんなことで、今回は新型スイフトのモデルチェンジやその他気になった情報もまとめてみました。

新型スイフトのボディサイズのスペックはどれくらい?

4代目となる新型スイフトのボディサイズは、旧型よりも全幅は変わらず全長や全高がコンパクトになっていますね。

          ボディサイズ:3代目旧型 4代目新型スイフト
全長 3850 – 3875mm 3840mm
全幅 1695mm 1695mm
全高 1510 – 1,535mm 1500mm(2WD車)
1525mm(4WD車
車重 910kg 840kg

ボディがコンパクトになったことで、車体重量が旧型より約70kg、フィットやヴィッツに比べ約100kgも軽くなっているのがわかります。

この軽くなった理由としては、最新プラットフォームが採用されたからで、「HEARTECT(ハーテクト)」と呼ばれる軽量剛性が採用されています。

ハーテクトは、簡単に説明すると、全体のプラットフォームではなく、ボディーのフレームの通し方の効率化。このフレーム部分に構造や部品の配置を全面的が新しく、主要部品を最新のものを使い、軽量化にモチーフに超高張力鋼板の使用率を高めプラットフォームが効率的に強化。

結果的に、旧型と比べて約70kgも軽くなったわけですね◎また、このハーテクトと呼ばれるプラットフォームは、同社のアルトワゴンRバレーノなどにも採用され、軽量化に成功していますね。

新型スイフトの自然吸気・ハイブリッド搭載モデル

新型スイフトには、自然吸気エンジンとマイルドハイブリッド、フルハイブリッドが搭載されています。

  • 自然吸気エンジン
  • マイルドハイブリッド
  • フルハイブリッド

自然吸気エンジン

スズキ新型スイフトのエンジンには排気量1242ccで直列4気筒の自然吸気が搭載されています。

直列4気筒エンジンは、1994年に日本のスズキやインドのマルチスズキによって製造され、排気量は660cc~1500ccまで背負うことができるコンパクトタイプ。1994年に製造ということで、かなり古いタイプになりますが、スイフトに搭載されているエンジンは排気量1242ccの”K12C型”で、製造されたのは2015年と新しいタイプなんですね。

また、また、K12C型エンジンはスズキ3代目ソリオ/ソリオバンディットにも搭載されており、こちらは低回転域でのトルクの向上に加え、軽自動車の中でも軽めの930~970kgのため、コンパクトで力強い走りで燃費性能なんですよね!

マイルドハイブリッド

新型スイフト直列4気筒1.2L+マイルドハイブリッドには、ISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)が搭載されています。

ISGは、モーター機能付き発電機が設置されており、簡単に言えば、減速時のエネルギーを利用し発電作用が期待できます。

ISGとは、こんなかんじですよ↓

  • スピードを減速すると発電します!
  • モーターを助けます!
  • エンジンのスタートを助けます!
  • エンジンによる発電機能があります!
  • 加速時のアシスト

マイルドハイブリッドは、軽量化を徹底し、車両重量が売れ筋となっています。実際にエンジン車として1.2と平均的な性能ですが、モーターの支援はほとんど体感できない。それでもボディが軽いために、他社の1・4Lと同等の加速力を発揮する。

走りとしては、最大トルクが4000rpmを超えると速度上昇が活発になり、スポーティな走りがあじわえますね。ミッションはCVTで動力性能/燃費/価格のバランスが優れているのが魅力だ。

フルハイブリッド

一方のフルハイブリッドはMGU(駆動用モーター)と駆動用リチウムイオン電池が備わっています。

MGUとは、簡単に言うと走行用のモータであり、本格的なハイブリッドシステム。

MGUにより、アクセルペダルを深く踏み込むと、別の減速機を介してエンジン出力にモーター出力を上乗せしてアクスルに直接つながり力強くアシストしスピードを加速してくれるんですね。

駆動用リチウムイオン電池とは、簡単に言えば自家発電機を備えた電池で、走行中にモーターを動かし充電を行えます。そのために、駆動用電池が十分に充電されていれば、発進時はエンジンを停止した状態で、モーター駆動のみで発進してモーターだけで駆動力が可能となりますね。

さきほどマイルドハイブリッドのところでお話した「ISG」もフルハイブリッドには備えられておりますが、役割は若干ですが異なり、アイドリングストップ後の再始動とエンジンの動力を使った発電を行ないます。

また、トランスミッションはCVTではなく、2ペダルMTのクラッチ機構の5速AGSとなります。

AGSは、MTをベースにクラッチおよびシフト操作を自動で行う電動油圧式電気信号。ただ、この5速AGSは有段式の特有が少し気になると言う人も出てくるかもしれません。

ただただ、変速タイミングを見計らってモーターの駆動力を一時的に高める制御を組み込まれているらしいので、そこまで変速ショックに悩ましげになることはないかと、、、。

また、CVTに比べてアクセル操作による速度の調節も行ないやすいはず。

          自然吸気 マイルドハイブリッド フルハイブリッド
エンジン種類 直列4気筒1.2Lガソリン 直列4気筒1.2Lガソリン「デュアルジェット」+ISG 直列4気筒1.2Lガソリン+電気モーター
型式 デュアルジェット モーター機能付発電機 デュアルジェット
最大トルク 12.0kgm 12.0kgm 12.0kgm
最高出力 91ps/ 91ps/ 91ps
モーター 3.1ps/5.1kgm 13.6ps/3.1kgm
トランスミッション CVT CVT or 5速MT 5速AGS

 

新型スイフトには評価の高い安全装備!「デュアルセンサーブレーキサポート」

新型スイフトの安全装備はかなり強化されているのがわかりますね!
先進安全装備に「デュアルセンサーブレーキサポート」が採用され、こちらはでスズキ車では初となる、フロントガラスの上部にこっそりと「単眼カメラ、赤外線レーザーレーダー」設置されてるんですね。

カメラとレーダーにより、走行時において前方の車両または歩行者、障害物を検知し、速度調整や自動ブレーキなどを行い、事故を軽減してくれるシステムになります。

前方衝突警報機能、自動ブレーキ機能

ドライバーにとって非常にうれしい機能。

被害を軽減してくれるのが「前方衝突警報機能、自動ブレーキ機能」で、スイフトに搭載されている単眼カメラとレーザーレーダが
前方のに対向車または歩行者を常に検知し、距離感が近すぎた場合にブザー音などの警報によってドライバーに注意を促します。

さらに、危険度が高くなると判断すると、自動で速度を抑えたり、ブレーキを掛けてくれます。

前方衝突被害軽減ブレーキアシスト機能

ドライバーがブレーキペダルを踏むと、速度が低下するのは当たり前のこと。こちらの機能は自動車や障害物を感知した場合、ドライバーが強くブレーキを踏むと、さらにアシストしてブレーキ制動力を高めてくれます。

スズキ車初の自動切替するヘッドランプのハイビーム/ロービーム機能も新型スイフトに搭載されていますね

それからそれから、このクラスでは珍しく「追従式クルーズコントロール機能」も用意されています。

さらに、新型スイフトには、このようなセーフティパッケージ機能が備わっています。

誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機、SRSカーテンエアバッグ&フロントシートSRSサイドエアバッグ、アダプティブクルーズコントロール(ACC)、リアシートベルトフォースリミッター&プリテンショナー(左右2名分)、運転席アームレスト(5MT車を除く)

新型スイフト最新内装の感想「インパネ、メーター、シート」

インパネ

新型スイフトの内装は、3代目と比べて全体的に新しいデザインでそれぞれのアイテムの機能性がグレードアップしているのがわかります。

インパネの上面は水平基調というよりも若干ですが扇のように盛り上がっていますね。しかし、運転手や助手席から前方左右を見ると、視界は周囲の状況をしっかり見渡すことができます。

インパネ上部中央には、まん丸のエアコン吹出口が2つ備えつけられ、シルバー調和加飾で、雰囲気たっぷりのデザインをさり気なくアピールしているのが伝わってきます。

インパネ中央パネルに用意されているのが大型で高精細のナビ画面
で、画面サイズは7インチ(横:17.8cm)の大きめサイズで、画像が細かいために見やすいんですよね◎

また、操作はタッチモニターなので、普段行っているスマフォ操作と同じ感覚で直感的に操ることができます。

それから、ナビ内容として便利なのが、「スマートプレイスタジオ」と呼ばれるパソコン(スマフォ)と周辺機器との接続が簡単にできることですね。こちらでは、スマフォやクラウドベースのサービスと組み合わせ、最新のニュースや天気予報、お気に入りの音楽を聞いたり、飲食店を検索することが可能なんですよね。

ポン君
「なんだか、車の中なのに、便利だなぁ~」
テンさん
「便利ですよね」

「すぐに情報を知ることができるのは大切なことですよね」

さらにさらに、あくまでもオプションとなりますが、「全方位モニター」がナビに設置することができます。こちらでは、トップ、画像、前後方向の画像の様子を組み合わせて、ナビに映し出すことが可能なんですよね◎

そのために、スイフトを駐車場にを止めるときに非常に便利に活躍してくれるはず!!

センターコンソールには、エアコン操作が取り付けられており、こちらはタッチ方式ではなくダイヤル式です。”カチカチ”と回転させるタイプのダイヤル式は、ドライバーが前方を向いている状態でも気軽に操作することができますよね◎

それから、エアコン操作の隣に12VアクセサリーとUSBという2つの電源が用意されていますので、非常に応用が聞きます。たとえば、12Vアクセサリーがあれば、スマホやデジカメ、ノートパソコンなどを充電することが可能。

メーター

スズキ車の新型スイフトのドライバーの前に設置されているメーターパネルは、グレードによって異なっていますが、見やすさを重視して、大きく大きな速度メーター・タコメーターが両サイド、ど真ん中にマルチインフォメーションディスプレイとなっています。

真ん中には、走行GやPOWER、トルク表示、瞬間、平均燃費など多彩な情報を表示してくれます。

フロントシート

新型スイフトのシートデザインは、これまで黒基調とされていましたが、改良されたバレーノと同じくネイビーなどを使用することでデザイン性を向上されているのがわかります。

フロントシートの乗り心地としては、おしりの座面部分に少し硬めを感じるのですが、数分間立つと、じわりと慎重に馴染んでいく印象。

それから、シートリフターやサポート部分が比較的広いグローバルサイズで長距離でも疲労をうまく緩和してくれるはず。

シートとは別に、サスペンションが路面の細かなデコボコを伝えにくく、突き上げ感を抑える構造になっているため、お尻や背中に対するダメージは少ないはず。

走りを想定することで、コンパクトカーだけに、ポジションが合わせやすい。

ちなみに、新型スイフトの全グレードには、ハンドルを手前や上下に調節機能でできるチルト&テレコビックが標準装備されています。

リアシート

後部座席のリアシートは、フロントシートと同様に、少し硬めの座面ですが、お尻を載せていると次第に馴染んでいく印象。

座り心地とともに、ポイントが高いのが足元のスペースで、大人が座っても卑屈さは感じない広さはウレシイですよね。

中央にヘッドレストが用意され、しっかり3人が座れるようになっています。

リアシートのドリンクホルダーは、センターコンソール後部側に1つ加えて、ドア左右にも2つ用意されています。つまり、後部座席3名全員がドリンクホルダーを同時に使用可能ということを想定して設計されているんですよね。

乗り降り

新型スイフトの乗ったり降りたりする時につきまして、そもそもスイフトの全高は「1500mm(2WD車)、1525mm(4WD車)」とハッチバック類では高くはありません。どうしても、車高が低いと、乗り降り時に、頭を”ペコリ”と下げる作業をしなくてはいけませんが、スイフトは、運転者の斜め前にある柱(Aピラー)がそれほど寝ていないため、前席への乗り降りは自然な姿勢が取れるんですよね。

つまり、スイフトのフロントリヤドア側の乗り降りについては、さほど苦痛を感じることはないはず。

しかし、リアドアにつきましては、フロントよりも高さが低く、さらに開口部のサイドの余裕がないために、少し苦痛を感じてしまうかもしれませんね。

新型スイフトのトランクスペースの荷室

新型スイフトのトランクスペースの荷室領域に関してですが、エンジンの自然吸気やマイルドハイブリッド、ハイブリッドによって広さは異なります。

ハイブリットは、フロントにエンジンや電動モーターを設置し、充電器を前席や後部座席シートの床下に設置しています。そのために、若干ですが、スイフトのハイブリット車は室内高やトランクスペースが高く、奥行きが狭く設計されています。

それとは別に、自然吸気やマイルドハイブリットは、前席や後部座席シート下に充電器が搭載されていないために、ラゲッジスペースが広くなっています。

具体的には、後部座席試乗時のハイブリッドの質容領域は178リットルとかなり狭め。それに対して、自然吸気やマイルドハイブリッドは265リットルの広くなっていますね。

ハイブリッド 自然吸気、マイルドハイブリッド
高さ 700mm 720mm
横幅 1010mm 1010mm
奥行き 590mm 675mm

後部座席は6対4分割合のシングルフォールディングタイプで、シートの折りたたみ方法のことで、シートの背もたれ部分を前に倒すだけの機能のことになります。このような機能は、まったく珍しい機能ではなく、ほとんどの車種に設置されていますね。

後部座席を畳むと、容積はハイブリッド500リットルで、自然吸気やマイルドハイブリッドは579リットルになります。

ハイブリッド 自然吸気、マイルドハイブリッド
奥行き 1010mm 1110mm

また、新型スイフトは後部荷室を開ける扉を引き下げるハンドルが一個ではなく、左右に設置されています。なぜ左右に用意されているかは、利き腕ののことを考えてですね。右利きだけでなく左利きのユーザーでも扱いやすい配慮を想定しているんですよね。

新型スイフトの新型車両価格はどれくらい?

モデルチェンジが行われている最中のため、スイフトの新型の新車両価格ははっきりとはわかりません。

ただし、現在のところマイナーチェンジの情報としては、内装や外装などのボディカラーが切り替わる事だけがわかっています。

ようするに、今回のマイナーチェンジではデザインの変更がメインとなるために、価格は基本的に現行モデルを維持するのではないかと見ていますね。

ポン君
「今販売してるスイフトって、おいくらなの?」
テンさん
「4代目新型スイフトは2017年1月4日に販売を開始しましたが、こちらの価格をマイナーチェンジ後も維持するのではないかとよそうしています」

新型スイフトのグレードで一番価格が低いのが1.2㍑直4のグレードXGで134万円からです。そして、価格が一番高いのがハイブリッドの194万円になります。

 

グレード エンジン類 駆動方式 トランスミッション 新車両価格
XG 1.2Lガソリン FF 5速MT、CVT 1,343,520円
4WD 1,497,960円
XL FF 1,4634,000円
4WD 1,617,840円
RS FF 5速MT 1,594,080円
RSt 1.0L直3ターボ FF 6速MT 1,704,240円
HYBRID ML 1.2Lマイルドハイブリッド FF CVT 1,668,600円
4WD 1,779,840円
HYBRID SG FF 5速MT 1,668,900円
HYBRID SGRS FF CVT 1,691,280円
4WD 1,845,720円
HYBRID SL FF 5速RMT 1,949,400円
ポン君
「ちゅうか、エンジンは何が良いんだろうか?」
「自然吸気?ターボ?それともハイブリッド?」
テンさん
「新型スイフトのパワートレインについては、3種類どれを選んでもあまり構わないといったところ」

言い方を変えると、どのエンジンを選んでも、抜きに出てスゴイのが見当たらないんですよね。そのために、ほんとうの意味で好みにより選んでもよいかと思います。

そのために、特にパワートレインの中で気になるところがなければ、自然吸気のグレード「XG」を選んでもいいかと思います。

ポン君
「燃費のことを考えると、スイフトのハイブリッドが良いんじゃないの?」
テンさん
「確かに◎」

自然吸気やターボと比べて、ハイブリッドの燃費率はかなり高いのがわかります。

しかしながら、スイフトの自然吸気(XG)は134万円、ターボ(RS)は159万円、マイルドハイブリッド(ML)は162万円、そしてハイブリッド(SL)は194万円もします。

ハイブリッドは、自然吸気と比べて約60万円もしますが、この価格差を燃料代で埋めるには、何十年もスイフトを乗り続けたとしても、埋めることはできませんよね?

新型スイフトの旧型と比べてかなり良くなった!

ポン君
「ぶっちゃけて言うと、スイフトの燃費どれくらいですか?」
テンさん
「現行型と比べ新型スイフトの燃費はかなり向上しているのがわかります」

2010年~2016年に製造されていた旧型3代目スイフトは、1.2L直4エンジンで、燃費は約23.0km/Lでした。

新型4代目スイフトは、旧型と同じエンジン1.2L直4が搭載されていますが、燃費が1km/Lものび「24.0km/L」になっています。この燃費が伸びた理由は、最新プラットフォームが導入されたことで、車両重量が旧型「970~1080kg」から新型「840~970kg」と約130kgも軽量化に成功しているんですよね◎

軽量化するということは、それだけエンジンのトルク回転を軽減することにつながるために、結果的に燃費にもつながるわけなんですよね◎!

また、その他の燃費としては1Lターボが20.0km/L、マイルドハイブリッド27.4km/L、ハイブリッド:32.0km/Lになっています。

やはり、自然吸気やターボと比べて、ハイブリッドは燃費率が高いのがわかりますね。

旧型3代目スイフト
1.2L直4エンジン 約23.0km/L
新型4代目スイフト
1.2L自然吸気 24.0km/L
1.0Lターボ 20.0km/L
1.2Lマイルドハイブリッド 27.4km/L
1.2Lハイブリッド 32.0km/L

新型スイフト発売日は2020年予定

ポン君
「もうそろそろなの?スイフトがマイナーチェンジするのは?」
テンさん
「まだはっきりとしたことはわかっていませんが、新型スイフトのマイナーチェンジは2019年の年末から2020年1月に発売されると言われています」

最新技術が惜しみなくつぎ込まれるモデルチェン!ただし、現段階では外装や内装にテコ入れされているだけなので、そこまでの変更は期待できませんね。

なので、4代目新型スイフトを購入しようか、どうしようかを考えるなら、モデルチェンジをまつよりも、現行型スイフトを購入でも良いかもしれません。

新型スイフトのまとめ

今回はスズキ新型スイフトのモデルルチェンジの内容をお伝えしました。

スイフトの新型のモデルチェンジや豆知識などの情報について情報は理解していただけたでしょうか?

途中でも何度かお話しているように、今回のモデルチェンジでは、外装や内装のデザインが切り替わるだけなので、今の段階ではあまり期待できない模様。ただし、まだまだオープンにされていない、メカニズムが隠されている可能性もあるために、情報が入り次第再更新したいと思います。