スズキ新型アルトラパンのボディスペックや新車両価格・燃費

女性が喜ぶようなキュートなかわいいルックスデザインの「スズキのアルトラパン」

もちろんアルトラパンは外装のデザインだけでなく、居心地を追求している実用域重視の内装で4名乗車でも快適な室内空間。そしてナニよりも、自然吸気なのに驚くような低燃費!!

っということで今回は新型アルトラパンの最新情報などをご紹介したいと思います!!

それでは、まいりますっ!

新型アルトラパンのボディサイズのスペック「車高が低い・・

スズキのアルトと共通の新型プラットフォームが採用されている新型アルトラパンのボディサイズ。

まずアルトラパンのボディサイズにつきまして、現行型モデルと比べて新型に「全長、全幅、全高」に変更はありません。

スズキ新型アルトラパン:ボディスペック
全長(前後の長さ) 3395mm
全幅(横幅の長さ) 1475mm
全高 1525mm
ホイールベース(前輪と後輪との距離) 2460mm
前トレッド(左右の車輪の中心間距) 1295mm
後トレッド 1300mm
車両重量 680kg
駆動方式 FF、4WD

スズキ新型アルトラパンは、ホイールベースの長さが2460mmと比較的長めのため、後部座席の足元空間に余裕が持てるように設計されています。

ただし、お気づきの方もおられるかと思いますが、車高がかなり低いですね。基本的に、アルトラパンのボディサイズの「全長、全幅」は軽自動車の規格をいっぱいに設計されているために、これ以上大きくなることはありませんが、他のライバル軽自動車と比べると「車高」が低いですね。

近頃の軽自動車のボディスの全高は「1600~1700mm」を超える背の高い車種が増えており、そして共通しているのが「人気、売れ筋高く、販売比率上昇中」。

そんなうなぎのぼりの全高軽自動車とは違う路線を走っているのがスズキのアルトラパンやアルトで、全高が1500mm代です。

軽自動車の車種名 全高
スズキ アルトラパン 1525mm
スズキ アルト 1500mm
ホンダ N-BOX 1790mm
スズキ スペーシア 1785mm
ダイハツ タント 1750mm
日産 デイズ 1620mm
ダイハツ ムーヴ 1630mm

全高が高いほど、それだけ乗り降りがスムーズというメリットがあるんですよね!

いやいやしかし、背が低いからと行って悪いわけではなく、たとえば背の低い車種では、立体駐車場を使いやすかったり、重量を軽減することも可能!!

特に、車両重量は装備の充実した売れ筋グレードのFF車でも680kgですからね!!この重量が軽減されることで、低燃費を低価格につながっていますから!!なので、人気や売れ筋だけに踊らされないようにしましょうね!!

ポン君
「でも、車高が高くて燃費が良くて価格が夜空いのもありますよね?」
テンさん
「・・・・まぁねぇ・・・つぎ行こ」

 

新型アルトラパンのプラットフォーム「ハーテクト」

スズキ新型アルトラパンの基盤になるプラットフォームが新型に変わり、最新のHEARTECT(ハーテクト)が採用されています。

アルトラパンの全面刷新し、最新技術と最新部材で作り直したのが、次世代シャーシ「ハーテクト」。

ハーテクトは、シャーシの部材となる鋼材の厚さ・曲げ方を工夫することにより「高い剛性と軽量化」に成功したんですね!

新型アルトラパンやアルトの車両重量が600kg台なのも、ハーテクトのおかけで、約100kg以上も軽量化してるんです!この軽量化により、燃費向上にもつながっていますよね◎

また、ハーテクトで注目したいのが、アンダーボディーが理想的な骨格構造とされている所で、設計段階から軽量・高剛性を念頭に置き、大幅な軽量化されいてるのですが、特に前輪と後輪の間のホイールベースが延長化されてるんです。※2460mm長くなっています。

ライバル軽自動車の全長(3395mm)は同じですが、ホイールベースには差があり、できるだけ長いほど、住み心地に余裕が生まれるんですよね!

ちょっとしたことなんですけども、毎日のように運転していると、やはり狭っ苦しいような車内よりも、広々としたほうがハンドルを握りやすくなるはず!!

新型アルトラパンはエンジン(自然吸気)+エネチャージ

スズキ新型アルトラパンを進ませるエンジンに関してですが、”今どき”という言葉は失礼かもしれませんが、ターボを到着しないNAエンジン(自然吸気)。

ポン君
「えっ?・・・えっ???大丈夫なの?軽自動車でターボないのってゆるくない?」
テンさん
「いやいや、ゆるくないですよ」

新型アルトラパンはターボを装着しない自然吸気(直列3気筒660cc)のみですが、動力性能に不足はまったくありません!

直列3気筒660ccのエンジンの最大トルクが6.4kgm/(4000rpm)を発揮します。このトルクの数字を見てもイマイチ”パッ”としない方もおられるかもしれませんが、アルトラパンの重量600kg代で、これだけのトルク数値を発揮してくれるなら、動力性能が良い証。

つまり、新型アルトラパンのアクセルを踏めば、すばやくスピードに乗ることができはず!!

また、操縦性もちょっと以前のスズキらしく引き締まっていますので、この点でも意外に好事家好み!

ちなみに新型アルトラパンの「重量:600kg前後、排気量:658~658cc」と同じ容量なのが同社アルトワークスになります。アルトラパンは直列3気筒自然吸気エンジンに対して、アルトワークスは直列3気筒+ターボが設置されていますので、力強い走りが期待できますが、その分の価格や燃費に差が出てきますね。

アルトラパンのエネチャージが燃費向上につながる

なおスズキ新型アルトラパンのパワートレインにエネチャージが搭載されていますので、この作用でも燃費向上に多少はつながっていますね。

そもそも”エネチャージ”とは2012年にスズキが開発したアイテムの一つで、簡単に言ってしまうと、クルマのスペードを落とす際の減速時のエネルギーを利用し電気エネルギーに蓄えるシステムなんですね。

エネチャージは、回生ブレーキでの発電システムとも呼ばれ、ハイブリッドカーの働きの一つでも燃費向上に繋がています。

減速時のエネルギーを利用し、「エアコン、ラジオ、オーディオ、ヘッドライト、ウインカーライト」などの電力を使う電装品に使っているんですね。

ポン君
「へぇ~便利なんですね~」
「つまり、このエネチャージによって、電気やエンジンを浮かすことができるんですね」
テンさん
「あ、あくまでも電気だけです」
「電気とエンジンにつながるのが最新版の”S-エネチャージ”で、新型アルトラパンには設置されていません。次回のフルモデルチェンジには搭載されるとは思うのですが、、、

新型アルトラパンの安全装備「レーダーブレーキ、誤発進抑制機能、全方位モニター」

「スズキ新型アルトラパンの安全装備につきまして、けっして最新システムとは言えませんが、安全運転をサポートしてくれます」

アルトラパンの運転をこっそりとサポートしてくれるのがスズキの「セーフティ サポート」。

セーフティ サポートの安全装備
  • レーダーブレーキサポート
  • 誤発進抑制機能
  • 全方位モニター

他のスズキの車種と比べると、セーフティーサポートの装備は少ないものの、アルトラパンの価格的には十分な安全装備かと思われます。

レーダーブレーキサポート「他の車や人との衝突を防ぐ」

新型アルトラパンのフロントガラスの上部(1/5)にレーザーレーダーが設置されています。

レーザーレーダーとは、”レーザー”による電磁波の誘導放出を利用した光や、”レーダー”による電波の反射などを使い、対象の距離や方向などを測定するんですね。

この対象とは、車や人、物。
つまり、レーザーレーダーが、アルトラパンと対象車や対象人を検知し、距離が近すぎる場合に知らせてくれるわけです。

また、速度が早すぎる場合や、より距離が近いと自動ブレーキで対象との衝突を防いでくれるんですね!

ちなみに、衝突被害軽減ブレーキが約5~30km/hで反応します。

ポン君
「へぇ~、便利な機能ですね~」
「てか、自動でブレーキが掛かるってことは、アタリマエのことですが、シートベルトはちゃんとしておかないといけませんよね」
テンさん
「当然です!」

誤発進抑制機能「低車位置からの急発進を防いでくれる!」

見かけるニュースが、コンビニやスーパーなどの駐車場に止めていた車の事故。このニュースは、お店に車が突っ込んでしまう事故が多発していますよね?

ポン君
「見ます!見ます!!ホント最近はお店の数が増えましたよね!!」
テンさん
「・・・え?いや、事故の原因はお店の数が増えた~ではなく、運転ミスですよ!!」
ポン君
「ん、ふぇ」
テンさん
「駐車場などに止めていた車を発射しようとした時に、ペダルやシフトの操作ミスが原因で起こると言われています」
そこで、衝突事故を防ぐための安全機能が新型アルトラパンにも搭載されている「誤発進抑制機能」になりますね。

停車中、または約10km/hで走行中に前に代謝車や代謝人、壁やコーンなどの障害物を検知し、進行しないように防いでくれるわけです。

前に進むのを防ぐのにも、アルトラパンと代謝との距離や速度によりブザー音や自動ブレーキで異なりますが、4m以内に障害物があれば運転席前のメーターの表示等の点滅とブザー音がドライバーに危険を知らせてくれます。

誤発進抑制機能が判断するための距離や速度については、レーザーレーダーが検知します。

全方位モニター「360度を映し出す画像」駐車がしやすくなる!

アクセルを踏んでスピードを出すのは大好き!!だけど、車を駐車場に止めるのは苦手・・・っという人もいますよね?駐車場に止めるのが苦手なのは、運転席から後が見えづらい、または見えない死角が多くいためで、「バックして車を傷つけたらどうしよう、、、」とか「他の車に傷つけてお金を請求しなくてはいけなくなったらどうしよう」そんな事を考えて、どんどん運転が億劫になってしまいますよね、、、

そんな悩ましげな駐車を快適にしてくれるのが新型アルトラパンに搭載されている先進安全装備の一つ「全方位モニター」です。

全方位モニターを簡単に説明させていただきますと、車内のインパネの対応ナビゲーションに設置される画像で、この画像が360度をディスプレイで確認できるんですね。

360度の画像は、上空から映し出されているために、非常に見やすいです。そのため、運転席から見えづらい、見えない死角も確認できるために、駐車がしやすくなるんですね。

新型アルトラパンの外装デザインは”うさぎ”をモチーフにしている?

機能も優れているのですが、エクステリア的外観も素晴らしく、人と事で言えば可愛らしいデザインを意識していますね。

新型アルトラパンの外装デザインは”丸っこいシルエット”をモチーフにしているために、女性らしさが前面に出ているのがわかります。もちろん男性が運転席に座りハンドルを握るのも違和感はありませんが、どちらかと言うと女性メインのデザインかと。

ちなみになんですが、スズキのアルトラパンの”ラパン”って、何の意味高ご存知ですか?

ポン君
「ラパンの名前の意味ですか?簡単でしょ!」
「アニメのルパンの愛車に外装が似ているからでしょ!!」
テンさん
「えっ?」
「違いますよ!!(ちょっと似てますけど・・・)」

ラバンはフランス語で「ウサギ」という意味で、アルトラパンの外装はうさぎをモチーフにしてるんですね。

たとえば、ヘッドライトやサイドミラーがまん丸くデザインされているのも、うさぎをヒントにしているのがわかりますし、ボディカラーに「白色、ピンク色、黒色」などが用意されています。

もぉう、うさぎ好きや一緒に暮らしている人にとってはたまらない外装デザインですよね~。

 

新型アルトパ外装のボディカラー

こちらはアルトラパンの外装ボディカラーになります。

アルトラパンの外装ボディカラー
標準カラー 色系統、色見本
1 フレンチミントパープル
2 コフレピンクパール
3 シフォンアイボリー
4 フォーンベージュ
5 アーバンブラウンパール
6 フェニックスレッド
7 ピュアホワイト
8 ブルーイッシュブラック
9 フレンチミントパール
ホワイト2トーンルーフ
10 コフレピンクパール
ホワイト2トーンルーフ
11 シフォンアイボリー
ホワイト2トーンルーフ
12 フォーンベージュメタリック
ホワイト2トーンルーフ

ボディからの説明ですが、1~6番までが標準カラーとなっています。
ただ、7番のピュアホワイトはオプションカラーで、別料金で2万1600円になります

また、9番~12番までのツートンカラーが2万3200円で、このツートンカラーはグレード「X、S」の専用色になります。

新型アルトラパンの内装デザイン「木目机が雰囲気を高めてくれる!」

ポン君
「アルトラパンの車内は、どんな雰囲気なの?
テンさん
「簡単に言えば”シンプル”な内装デザインですね」

スズキ新型アルトラパンの内装についてですが、外観と同様に良くも悪くもシンプルに仕上げられたデザイン。

この内装デザインはアルトと似ており、シンプルでリラックスできる雰囲気を意識させてくれます。

グレード「X、S」からになりますが、助手席の前側のインパネ中央部分が木造テーブルのようなデザイン。白木の風合いを再現した木目調パネルが使用され、おしゃれなカフェのような雰囲気で、女性好みのホット落ち着かせるいやし空間を演出してくれます。

テーブルなので、この上にはスマフォやデジカメ、財布、コップ、ペットボトルなど、小物を置くことができますね。

ただ、「コップ、ペットボトル」を机の上におくと、運転中に倒れてしまい飲み物がこぼれてしまうことも十分考えられます。っということで、テーブルの隣りにある500mlのペットボトルや紙コップがすっぽり収まるドリンクホルダーが便利!
また、デーブルの下側には、ティッシュ箱(長辺が240mm、奥行き115mm、高さは100mm)を収められるスペースが確保されています。

それから、運転席前のインパネ部分のメーター内にはスピードメータが表示されていますが、このメーター内にディスプレイにこっそりと”うさぎ”のアニメが表示されます。

また、されげない心日なんですが、誕生日をセットしておくと、うさぎたお祝いのメッセージを送ってくれるんですね。ちょっとだけですが、ウレシイですよね?

新型アルトラパンのシートの色は、お菓子のキャラメルのようなキャメル色(茶色)や、茶色に赤やオレンジ色といった暖色に黒が加わり暗くなった色のブラウン色が用意されています。

このような色は女性向けとされがちですが、男性ユーザーでもぜんぜん似合うシート色ですね。

また、天井内の素材については、キルティングの二枚の布地の間に綿を入れ模様などを刺し縫いを採用しています。

そして、グレード「X」を選択すると天井の中央部分にエアコン吹出口がセットされます。この吹出口からは、エアコンで設定された風が飛び出してくれるのは当たり前ですが、そのほか弱酸性の”ナノイー”を放出するフルオートエアコンも採用されていますので、お肌や髪質を意識しやすい女性にはウレシイですよね◎

新型アルトラパンの前や後シートの乗り心地

車内の空間に関してですが、新型アルトラパンの全長や全幅は軽自動車規格いっぱいに設計されているのですが、室内長や室内幅、室内高はスペース的にとても広いというわけではありません。

新型アルトラパンのボディスペック
全長 3395mm
全幅 1475mm
全高 1525mm
新型アルトラパンの室内スペック
室内長 2020mm
室内幅 1295mm
室内高 1240mm

そのため、運転席や助手席に座ると多少は圧迫を感じるかもしれません。特に床と天井との長さが狭いために、押し付けられるような雰囲気になってしまう人もいるかも・・・ただ、女性ユーザーには必要十分なスペース可と思います。

運転席と助手席の間に、前腕や手首、肘などを乗せることができるセンターアームレストが設置されています。このセンターアムレスは手前に引くこともでき、ベンチシートとしても早変わり!

前と後部座席のシート乗り心地は少し硬め。
特に後席のおしりを乗せる座面が前後に短いために、座り心地は少し不満。

ポン君
「不満ということは、軽自動車を選ぶときアルトラパンは選ばないほうが良いんでしょうかね?」
テンさん
「いえいえ、そんなことはありませんよ」

後席は前席より座面が短いですが、座り心地も少し硬め、ですが、新型アルトラパンのエンジンのトルクの力とボディの軽さが相まって、そこまでの振動はないかと。そのため、街中を機敏に走れるし、4名が乗車しても十分に可能かと。

新型アルトラパンのトランクスペースの広さ

新型アルトラパンのトランクスペースは、軽自動車としては”まずます”の広さ。

まず最初に、後部座席の背もたれを前に倒していない状態だと、これくらいの広さになります。

通常時トランクのスペース
高さ 770mm
横幅 1340mm
奥行き 410mm

奥行き(410mm)の広さはライバル軽自動車の中でも”まずます”といった感じですが、やはり全高が低め(1525mm)のために必然的にトランクの高さ(770mm)は期待できませんね。

後部座席を前に倒すと、これくらいの広さになります。

 

後部座席格納時の奥行きスペース
高さ 770mm
横幅 1340mm
奥行き 1340mm

背もたれを倒すと十分に広い荷室を確保できますね◎

新型アルトラパンの後部座席の背もたれは「5対5左右分割式」のために、片方の背もたれを前に倒しつつも、片方はそのままにしておくこともできます。

ただ、積める荷物にもよるかと思いますが、やはり大きな荷物を積む場合は、片方ではなく両方の背もたれを倒したほうが広大なフロアを確保できますね。

また、トランクスペースの床下に小さなボックスが設置されており、車の工具などを詰め込むことができます。ユーザーに対する気配りが効いていますよね◎

新型アルトラパンの燃費は「低燃費or高燃費」どっち?

ポン君
「どれくらいですかね?」
テンさん
「なにがですか?」
ポン君
「燃費ですよ、燃費!」
「アルトラパンは1リットルで何キロくらい走ってくれるの?
テンさん
「アルトラパンは自然吸気エンジンのみとなりますが、低燃費な走りで35.6km/L(FF)という数字を叩き出してくれます!」
ハイブリッドや電気自動車ではなく、エンジン(直列3気筒660cc)のみで燃費が35.6km/Lは、驚きの数字ですよね!!それから、駆動方式やトランスミッションによて燃費費は微妙に変わってきますが、それでも低燃費を維持しているのがわかります。

トランスミッション CVT
駆動方式 FF 4WD
燃費 35.6km/L 33.2km/L

 

トランスミッション 5速AGS
駆動方式 FF 4WD
燃費 29.6km/L 27.4km/L

なぜ、ここまで燃費率が良いのかは、自然吸気やエネチャージなどのパワートレインの効率化、そして最新のプラットフォーム(ハーテクト)を搭載し軽量化に成功したからですね。

ただし、注意しなくてはいけないのが、この新型アルトラパンの燃費はJC08モード燃費(国土交通省審査値)で、試験装置に車を載せてあらゆる負荷をかけて測定する方法でありまして、実際問題として、そこら辺の私たちがメインで使う街や高速を運転して燃費を記録したわけじゃないんですね。

ポン君
「つまり”JC08モード燃費”って頼りがいがないってことですね!!」
テンさん
「まぁ、頼りがいがないと言うか、なんと言うか、JC08モード燃費に表示されている数字を鵜呑みにしてはいけないということ」

では、新型アルトラパンの街乗りや高速道路などの実燃費はどのくらいなのか?あくまでも予測になりますが、e燃費やみんカラなどに記載されるコメント情報を集計してみると、このような平均燃費がわかりました。

走行地:実燃費(1Lあたり) アルトラパンの実燃費まとめ
トランスミッション CVT 5速AGS
駆動方式 FF 4WD FF 4WD
スペック燃費 35.6km/L 33.2km/L 29.6km/L 27.4km/L
高速道路 約34km/L 約33km/L 約28km/L 約26km/L
郊外路 約25km/L 約24km/L 約22km/L 約18km/L
市街地 約24km/L 約23km/L 約21km/L 約19km/L

新型アルトラパンのスペック燃費と実燃費は上記のような数値で、平均約2~3割低くなっています。スペック燃費と比べると非常に低い数値だというのがわかりますね。

しかしながらアルトラパン(CVT、FF)を街なかでは知らせると実燃費が約24~25km/Lは、かなり経済的にお得ではないでしょうか?!

ま、新車両価格が110~120万円代で購入できるのも、さらに経済的にウレシイはず!!

新型アルトラパンの新車両価格「上位グレードは趣味性が高い!」

ポン君
「アルトラパンに発生するお金はどれくらい?」
テンさん
「新型アルトラパンの新車両価格は”ほぼ据え置き”」

「現行型モデルと比べて新型は特に大きく変わったわけではありませんが、新設定された特別仕様車の「アルトラパンモード」が最上グレードに設定されており、このグレードの価格が3万6000円ほど低価格で設定されていますね。

こちらが2018年8月に販売された、新型アルトラパンの新車両価格・グレードになります。

グレード エンジン類 トランスミッション 駆動方式 新車両価格
アルトラパンモード 自然吸気 CVT FF 13,532,400円
4WD 1,452,600円
G 5速AGS FF 1,077,840円
4WD 1,188,000円
L CVT FF 1,202,040円
4WD 1,312,200円
S CVT FF 1,285,200円
4WD 1,387,800円
X CVT FF 1,389,960円
4WD 1,492,560円

さきほどもお話したとおりで、新型アルトラパンのエンジンは
ターボ車は設置されておらず全車自然吸気のみなので、グレードを選ぶときにはある程度絞られてくるはず!

駆動方式は全種にFFと4WDが設定されておりトランスミッションは、グレード「G」のみMTをベースにクラッチ操作と変速を自動化した5速AGRで、その他はCVTになります。

新型アルトラパンをどのように利用するかによりますが、グレード「G、L」なら平日の通勤や買物だけを考えるならおすすめ。

でも、友達や好きな人を助手席に乗せるなど、ちょっとオシャレな内装をイメージするならグレード「S」や最上級がおすすめ。助手席前のインパネが木目調になったり、天井部分にエアコン吹き出し口が設置されたりします。

なので、オシャレで趣味性を意識したユーザーにおすすめ。

ただし、最下位グレード「G」と比べると新車両価格が約30~50万円ほどするために、ここらへんは真剣に考えなくてはいけませんね。

スズキ新型アルトラパンの最後のまとめ

今回お話した新型アルトラパンの最新情報についてはいかがでしたでしょうか?内容は伝わったでしょうか?

新型アルトラパンの”新型”っと言いましても、全体的に大きな変化はありませんが、内装デザインが微妙に変わったことですね。特に女性ユーザーをとりこにするようなデザインになっています。

それ以外は特に大きなマイナーチェンジは行われていません。っというのも、さほど変わる必要がないのかもしれませんね。アルトラパンのエンジンの自然吸気やボディの存在が強いために、マイナーチェンジをする必要がないのかもしれません。この2つが低燃費に大きく関係するために、結果としてアルトラパンの存在価値を高めているはず。

っということで、今回は新型アルトラパンについてのお話でした。