アストンマーティン

2019年アストンマーティンDBXの発売!高級感あふれる内装

アストンマーティン新型DBXが2019年11月発売されました!最新プラットフォーム、新開発のエンジン、内装の新システム、操作の安定性や上質の乗り心地を実現。気になるDBXの価格はいくら?日本市場はいつ納車されるのか?
ジャガー

ジャガーFタイプがフルモデルチェンジ!クーペ・コンバーチブル内装ディスプレイが最新型!

ジャガー初代F-Type(Fタイプ)のクーペやコンバーチブルが フルモデルチェンジとなり新しく切り替わります!Fタイプがモデルチェンジで一新されることで、外装デザインやエンジンなどは大きな変化はありませんが、内装が最新システムが採用されます。
ポルシェ

ポルシェ・カイエンの全長サイズ、全幅広さ、室内やシート、荷室の大きさ

ポルシェ・カイエン!登場からまもなく17年を迎える新型3代目!現在発売されているのは2017年8月で発表されている3代目となるモデルですが2代目とどれくらいの違いがあるのでしょうか?全長と室内の大きさってどれくらいの違いがあるのでしょうかね?
テスラ

テスラ・モデルXの車体・室内・荷室サイズをご紹介!以外にも全長は5mを超え、車両重量は2トンを超えるほど大柄SUV

初代テスラ・モデルXがさらに進化して室内サイズの積載量が若干ですが広くなっている?以前は5人乗りのインテリアオプションでしか利用できなかったモデルXの折り畳み式の2列目のデザインに余裕が生まれています!
キャデラック

キャデラックXT5クロスオーバーのサイズ「全長&全幅」大きさ、長さ

日本の道路では全長が長く全幅が広いために、大きすぎるほどのサイズなので、操作に手こずるというデメリットがありますが、その分周りからから目立ったり、室内の広さなどのメリットはありますね。キャデラックXT5は年齢を問わず人気
ランドローバー

ヴェラールの全長サイズ、全幅広さ、後部座席の大きさ!印象的なプロポーションながらも快適なスペース確保!

欧州や北米、日本で人気のSUV「ランドローバー・レンジローバーヴェラール」しかし、実際の全体や室内のサイズはどれくらいなのか?見た目とは違った、室内スペースなどをできるだけわかりやすくお話できればと思います。 
ランドローバー

レンジローバー・イヴォークの全長&車幅は大きすぎないサイズが魅力!

レンジローバーイヴォークの前ドアを開けて乗り込むときは快適な広さで運転もしやすいのが特徴!高さや横幅に余裕があるために、かなり身長の高い人以外は、そこまで悩むことはないはず。
ジープ

レネゲードの車体サイズ(全長、車幅、室内)大きさ、広さご説明!

ジープのレネゲードの車体サイズ、室内スペースはどれくらい?車体サイズ:ジープのSUVラインナップでも一番スモールサイズ、 全長4.2m、全幅が1.8m。フィアット500xと同じサイズ。室内サイズは車体はコンパクトながらも運転席の足元や高さには余裕のある広さ、プラットフォームはFCAスモールワイド4×4
ジープ

ジープコンパスの全長サイズ、車幅広さ、室内大きさをご紹介!

ジープ2代目コンパスの車体や室内のサイズは初代よりも大きくなっている!それから特徴なのが丁寧に作られた内装、前部座席では、余裕のある足元の広さ、革シートでも、ジープが選んだ感覚を刺激し、引き込ませる高品質の素材と生地が乗客に提供される。
シボレー

シボレーアストロのサイズ”全長の長さ、全幅の広さ、室内サイズ”

アストロは1985年にゼネラルモーターズからの最初のミニバンとして導入されましたが、何よりも特徴なのがサイズの大きさ!全長が5メートルに近いほどの長さ!この大きなサイズを活かし、物を運び、人を運んでくれる!