日産エクストレイル新型フルモデルチェンジ2019年発売日最新情報!

「エクストレイルがフルモデルチェンジで新しく最新型に生まれ変わります!!!」

エクストレイルは悪路を突破する逞しさと、都会的に流す優しさを兼ね備えた傑作SUV。

2代目(2015年)までのゴツゴツ四角くて武骨なスタイリングだったが一変し、都会的でスタイリッシュに生まれ変わり、今風の肩肘張らないバランスのとれた外内装デザイン!

パワートレインには、3代目のハイブリッドをさらに進化し、e-poweも搭載済み!長いサスペンションストロークを使いきり、タイヤが浮く浮く浮く浮く、ほどの不整路面。しかし、それぞれの接地性に応じて駆動力を配分されていますので乗り降りはスムーズ!

そんな新型エクストレイルのフルモデルチェンジに関する情報をできるだけ細かくお話していきたいと思います!

日産エクストレイル新型のフルモデルチェンジの変更点

3代目エクストレイルから切り替わり、フルモデルチェンジにより4代目が新登場!

フルモデルチェンジで採用される新型のエクストレイルには、よりミドルSUVとしての魅力を強調した外装、内装をワイルドと一緒に新世代デザインを採用しています!

また、3代目にはガソリンエンジンが活躍差入れていましたが、新型では廃止され、ハイブリッドシステム「e-POWER」を設置する予定です!

それから注目したいのが先進安全装備で、自動運転に”似た”装備「プロパイロット」が
安全システムに部分自動運転技術を設置されますね!

超簡単に説明しましたので、これからは深く説明をしていきたいと思います。

まず最初はエンジン類からお話をしていきたいと思います。

日産エクストレイル新型はハイブリッド、e-POWER

今までお世話になってきたガソリンエンジンモデルが廃止。

フルモデルチェンジが行われるエクストレイルのエンジンには、FFモデルにe-POWER、4WDモデルにハイブリッドが搭載されます。

  • e-POWER
  • ハイブリッド

e-POWER

e-POWERについては、日産のコンパクトカーのノートやジューク、ミニバンのセレナのフルモデルチェンジにも搭載する予定。こちらのページにも内容を記載しているため、あまり深くは説明いたしません。

e-POWERの特徴
  • e-POWERは電気モーター、インバーター、バッテリーそしてエンジンと発電機から構成
  • エンジンとタイヤはつながっておらず、電気を使用し100%電気モーターを動かし走行
  • エンジン出力を利用して発電機を回し電気を充電する
  • 静かな走りも特徴
  • 発電専用の電気モーターで走行するため低燃費、たとえガソリンを利用しても燃費代金は安め
  • 直列3気筒 1.2L「HR12DE」(発電用)+モーター

 

e-POWER:パワートレインスペック
エンジン種類 直列3気筒 1.2L「HR12DE」(発電用)

モーター
モーター最大トルク 109ps/3008-10000rpm
モーター最高出力 25.9kgm/0-3008rpm
駆動方式 FF

ハイブリッド(直列4気筒2Lガソリン+電気モーター)

新型エクストレイルはガソリン車の動力性能は必要十分でハイブリッドで存分な力を発揮してくれるはず!

新型エクストレイルのハイブリッドは「エンジン+電気モーター」を積み込まれ、4WDモデルににふたつのクラッチを追加した1モーター/2クラッチ式システム。

ポン君
「日産のハイブリッド車でよく耳にするんですが、結局はなんなの?」
テンさん
「簡単に言えば、そのままで”1モーター(電動モーター)”””2クラッチ(2つのクラッチ)”」

新型はエンジンとミッションの間に電気モーターを直接挟み込む1モーター式。

エクストレイルのシステムは走行中に電動モーターで走り、エンジンを完全に切り離すクラッチを持っているのがポイント。このエンジンと切り離すことで低燃費につながるわけで実力が高まっていて価値がある。

新型エクストレイル:パワートレインスペック
エンジン種類 直列4気筒2Lガソリン+電気モーター
最大トルク
・エンジン出力
・モーター出力
21.1kgm
16.3kgm
最高出力
・エンジン出力
・モーター出力
147ps
41ps
総排気量 1997cc
駆動方式 FF

新型エクストレイルの電気モーターはエンジン低回転域のトルクが格段に強化されていますね。アクセルを踏むと発進時から頼もしく、急加速時もグイグイとしたアシストが効果的。

先行して上がり、後からしっかりちゃっかりと速度が付いてくる感じ。これはCVTでありがちなラバーバンドフィールの「エンジン回転だけが高まって加速感がついてこない」が、ちゃんと制御されていると思います。

しかしながら、エンジン常用域のトルクほど充実しているわけではない。っというのも、回転を上げ過ぎないように設定されているため、乗りなれてくると「ちょっとかったりな~」とアクセルを踏みながら思う回数が増える、かも。

日産エクストレイル新型の先進安全装備「プロパイロット」

日産新型エクストレイルの先進安全装備には、「エマージェンシーブレーキ」「踏み間違い衝突防止アシスト」「LDW(車線逸脱警報)」、それから2017年のマイナーチェンジで現行モデルにも搭載された「プロパイロット」が採用されました。

これにより、軽快な走りを楽しみながらも、長距離ドライブでは快適に過ごすこともできるようになります。

ポン君
「なんですかそれ?プロパイロットって?飛行機みたい?」
テンさん
「プロパイロットとは、日産自動車が開発した先進安全技術の一つでなんですがポイントになるのが”自動運転技術”」
ポン君
「じ、自動運転?」
テンさん
「そうですよ」
プロパイロットでは、高速道路の同じ車線での走行を自動運転によってサポートしてくれる機能で、日本初の技術となっています!」

プロパイロットの機能としては、「アクセル、ブレーキ、ステアリング」など、エクストレイルの走行またはブレーキにおいて制御を行い、自動車専用道路の同一車線上での自動運転技術を微妙に統合制御てくれるんですよね!

ただし厳密な話をすると、まだまだ限られた項目をこなすだけといったところ。

つまりは完璧ではなく、自動運転技術という言葉から連想するほどの完成度は今のところは無いのが現状。高速ドライブでの疲労を軽減し、安全性を高めてくれるので、これから先、どれくらい進化していくかが重要になりますね。

エマージェンシーブレーキ

新型エクストレイルのフロントに設置されている単眼カメラが前方の車両または歩行者を検知し安全運転をせうこーとしてくれる機能。これがエマージェンシーブレーキ。

他の車メーカーでは、単眼カメラの他にミリ波レーダーなどが設置されている車や人との距離や速度などが幅広くなっていますが、現状として機能的な要求レベルは単眼カメラでも十分。

この単眼カメラが走行中に衝突の危険性を判断した場合に、車内にブザー音やメーター内のディスプレイ表示で運転手に危険を即し、速度調整やブレーキをアシストしてくれます。

また、運転手が減速やブレーキなどの対応ができなかった場合には、自動的に緊急ブレーキを作動してくれます。自動ブレーキにより衝突を回避、または衝突時の被害や傷害を軽減してくれますね。

新型エクストレイルの先進安全装備の役割を果たしてくれる単眼カメラは他にも、「踏み間違い衝突防止アシスト」があり、こちらは駐車操作や低速走行時に間違えてアクセルを強く踏んだ場合に衝突防止機能が作動してくれます。

それから、単眼カメラにより車線(レーンマーカー)を感知する機能も事故を防ぐために便利。これは意図せずに走行車線から逸脱しそうな場合において、ランプや音で運転手に知らせてくれるシステムとなります。

日産エクストレイル新型ボディサイズのスペック

日産新型エクストレイルのボディサイズにつきましては、フルモデルチェンジによりプラットフォーム最新に移行するために、車幅は大きく変更すると見ています。

現行モデル(2013年~2019年)の3代目エクストレイルT32型のボディは全長4・7m級、全幅1.8m強の5ドアハッチバックのみでした。というか、長くつくられ続けてきただけに改善が行き届いている上、品揃えも豊富なのがエクストレイルの強み。

初代(2000年~2007)に発売された時の全長は4445mmでしたが、現行モデルは4690mmなので、20年間で+250mmも長くなっています。新型エクストレイルで新たに切り替わるパワートレインが楽しみ!

初代(T30型) 2代目(T31型) 3代目(T32型)
2000年~2007年 2007年~2015年 2015年~2019年
全長 4445mm~4510mm 4590mm 4690mm
全幅 1765mm 1785mm 1820mm
全高 1675mm ~1750mm 1685mm ~1750mm 1730mm

それから新型エクストレイルの最低地上高も気になるところで、国産SUVの中でもトップクラスの205mm(ハイブリッド200mm)のため、かなりの踏破力が期待できますね!

最低地上高の高いSUV
車種名 最低地上高さ 全長 全幅 全高
ホンダ エクストレイル 205mm 4690mm 1820mm 1730mm
トヨタ ランドクルーザー 225mm 4950mm 1980mm 1880mm
トヨタ ランクルプラド 220mm 4760mm 1885mm 1850mm
トヨタ ハリアー 190mm 4720mm 1835mm 1690mm
トヨタ RAV4 190mm 4335mm 1815mm 1685mm
トヨタ CX-5 210mm 4545mm 1840mm 1690mm
マツダ CX-8 200mm 4900mm 1840mm 1730mm
三菱 パジェロ 225mm 4900mm 1875mm 1870mm

日産エクストレイル新型に搭載予定のプラットフォーム”CMF”

エクストレイルがフルモデルチェンジされ、次期プラットフォームにCMFが搭載されます。

ポン君
「、、、なに、それ?」
テンさん
「CMFとは、日産自動車とフランスの自動車ルノーが共同開発した最新プラットフォーム」
ポン君
「いや、だからなんですか、それ??」
テンさん
「今から説明しますから」

CMF(コモン・モジュール・ファミリー)」とは、簡単に説明すると車体部分のアンダーボディに電子部品を設置します。エンジンが収納されている部分を”フロントのアンダーボディ”だけでなく、”運転席コックピットアンダーボディ”や”助手席のアンダーボディ””後部座席のアンダーボディ”の合計4つの各モジュールに電子部品をまとめたのが最新プラットフォームのCMFになります。

これにより、セグメント(車格)ごとに設計されていたプラットフォームを部分的に共通化することが可能になり、エクストレイルのようなSUVだけでなく、コンパクトカークラスから大型セダンまで幅広く展開させることが可能。そしてコスト面もを下げることができるようになっています。

日産とルノーで開発したプラットフォームですが、さらに今後は三菱自動車にも導入されることを発表しています。

日産エクストレイル新型の外装デザインは進化!

今までのエクストレイルのボディラインは乗用車的。
初代~三代目ほど”新しい”デザインではなく”シンプル”や”乗用車的”なデザイン。ちょっと残念な外装デザインだった。

しかしフルモデルチェンジにより大きな進化が期待できそう!
日産新型エクストレイルの外装は、2018年1月15日から開催されていた北米最大デトロイトモーターショーに日産が出展していたSUVコンセプト「Xmotion(クロスモーション)」の要素を取り入れていますね。

クロスモーションは、日産のテーマであるインテリジェント モビリティの、より堅牢で世界観・価値観同士を力強い側面を追求しているデザインで、大胆でパワフルな形状となっています。

クロスモーションは異なるさせる、文字通りのクロスオーバーSUVコンセプトカーです。

クロスモーションの外装デザインには、日産のブランドデザインであるVモーショングリルやブーメラン型ヘッドランプなどが一回り大きくなり、ひと目で日産と分かるように刻まれています。

ちなみに”クロスモーション”の意味は3列シートのSUV。
3代目エクストレイルには、ガソリン車に2列目、3列シート(グレードによる)、ハイブリッドは2列目シートが用意されています。

日産エクストレイル新型の内装やインパネはどう変わった?

4代目新型エクストレイルの内装デザインは一言で言えばかっこいい!だけどもインパネまわりはシンプルに設計されていますので、操作は簡単!

新型エクストレイル内装デザインはかっこいい!

ミドルサイズSUVのエクストレイル新型の内装につきまして、フロントマスクを中心にデザインに手が加えられておりコックピットやインパネ周りは3代目(2013年~2019年)よりワイルド感がさらに増し、近未来的でかっこいいデザインに仕上げられているのがわかります!!

全体的に新型エクストレイルの広い室内空間なども魅力。

新型エクストレイル室内のスペック
室内長 2005mm
室内幅 1535mm
室内高 2700mm
ドア数 5ドア
乗員定員 5名

かっこいい内装デザインの新型エクストレイルは、どちらかというとアウトドアを楽しみたい層、それからファミリー層などに大人の魅力的になりそう!

シンプルなインパネ

新型エクストレイルのインパネ上部は水平なので、運転席からの視界は良好。

インパネ中央の周りなオーソドックスな形状で、上部はエアコンの吹き出し口が2つセットされ、その下にオプションのナビの7or9インチのが用意されています。

ナビの下には、エクストレイルの走行動作を最適な状態に保ったり制限してくれる最新機能の「電子制御システム」のスイッチが設置されています。

電子制御システムの内容としては、2WDに固定する他、雪道で走行可能なオートモード、走破性を高めるロックモード、異常があると点灯または点滅などを用意しています。

フロアコンソールには運転手と助手席に座る人のためのドリンクホルダーが設置されています。この機能は至って珍しいことではありませんが、ポイントになるのがドリンクホルダーの手前にエアコン吹出口を設置されています。

つまりこの吹出口が飲み物を「冷たく、暖かく」キープしてくれるんですね!「無駄な機能だ!」っと思えば、仕切りの向きで”オン&オフ”が可能です。

運転手側に設置されているメーター内にはスピードメーター、タコメーター、ポジションインジケーターが搭載されています。

パワースイッチをONにすると、メーター中央の5インチカラーディスプレイが光輝き、ハイブリットやプロパイロットの作動状況など、多彩な情報を表示してくれます。

後部座席に目をやると、ロングランでも快適に座れるようにアームレストが設置されています。このアームレストを利用すれば、肘を乗せることができるために、肩や首の痛みやコリを和らげることができ、ロングランに最適。

日産エクストレイル新型のシートの座り心地、乗り降り

最新エクストレイルはミドルSUVの中でも最低地上の高いため乗り降りはラクラク、ただし前席シートは小さいのが少し気になります・・・疲れを癒やすなら背もたれの柔らかい後部座席シート。

快適な乗り降り!

ポン君
「どんなものですかね?乗ったりするのは?スムーズに行ける?」
テンさん
「スムーズにいけます!理由は前後ともドアが開放的だからですね!」
日産の新型エクストレイルの最低地上の高さはガソリン車で205m、ハイブリッド車で200mの高さを確保。

ミドルSUVの中でも十分なほどの最低地上の高さで、ステップ位置が極限まで低く設定されおり、前ドアで420mm、後ドアで445mmとなっているため、スムーズな乗り降りが約束されはず。

そして、シート高さ(座面)も絶妙で自然に乗り降りすることも可能なはず。

最低地上の高さ
ガソリン車 205m
ハイブリッド車 200m
ステップの高さ
前ドア 420mm
後ドア 445mm
シート高さ
前シート座面 675mm
後シート座面 745mm

なおかつ前後ドアの開口部が広いのもポイント。特に後ドアはSUVの中でも開口部は広い印象。

前シートは小振りなのが少し印象的、ただリヤは十分なクッション性があり、膝周りのスペースも余裕たっぷり。

小ぶりな印象の前席シート

新型エクストレイルの前席シートについてですが、小ぶりな印象。

私は身長175cmの体重が65kgな男で、この男の個人的な印象となりますが、車体サイズからするとシートサイズは若干な小ぶりでネガティブ印象。

ただ、ステアリングにはチルトとテレスコビック調節できますし、シートにはハイトアジャスターの車高調整機能が設置されています。そのため、なんとか自分にあったドライビングポジションになるはず。結果的に運転に苦痛を感じることはないとは思います。

座り心地は前席以上!

もしかしたら運転席や助手席よりも後部座席シートのほうが座り心地がいいかも!っと思わせるほど、腰や背もたれのクッション性が柔らかく、座る人のことを考えて設計されているのがわかります。

また、膝周りのヘッドスペースも余裕は十分にあり快適な空間となっていますね。

それから、手頃なサイズながら、ガソリン車を選ぶと3列シート仕様が用意されています。

新型エクストレイルのハイブリッド車は2列目シートで5人乗りに対して、エンジン車を設定すると3列目シートを持つ7人乗りが仕様することが可能。そのために、普段から車を乗車する人数などを考えてエンジンを選ぶのも一つかもしれませんね

日産エクストレイル新型のラゲッジスペーの広さ

ポン君
「どう?」
テンさん
「なにがですか?」
ポン君
「あれですよ、エクストレイルの車の一番うしろの部分の広さについてですよ!」
「4690mmの全長にどれだけの荷物が搭載できるのか?」
テンさん
「エクストレイルのラゲッジルームの広さのことですね!」
「たしかにたしかに、気になりますよね!」
新型のエクストレイルのラゲッジスペースは、旧型(3代目)と比べて比較的大きく設計され、床はやや水平に見えるほど平らになっています。

まず、ラゲッジスペースの前に後部座席はスライド機能が設置されているので、シートを後方へ動かすことができますので、ゆとりの足元スペースがあるので、こちらでも結構なスペースが確保されています。

エクストレイルのハイブリッド車の通常時(後部座席を倒さない状態)のラゲッジスペースの広さがこちらになります。

ハイブリッド車の通常時のラゲッジスペース
高さ 745mm
横幅 1100mm
奥行き 840mm

エンジン車のラゲッジスペースがこちらになります。

エンジン車の通常時のラゲッジスペース
高さ 745mm
横幅 1100mm
奥行き 790mm

ハイブリッド車に対してエンジン車のほうがラゲッジスペースの奥行きが狭いのは3列目シートだからですね。

ハイブリッド車の2列目シートの背もたれを前に倒すと奥行きは2倍以上の広さに変わり、約1770mmになります。車中泊が気になるところですが、ギリギリセーフと言ったところでしょうか?!

全長の長さだけでなくて、ラゲッジスペースの床部分は水平なので背中の裏がゴツゴツ痛むことなくぐっすりと爆睡ができそうな予感!

それに対して、ガソリン車の3列目シートを倒すと約900mmになります。

ラゲッジスペースを最大限に広く利用したい場合は2列目シートがオススメになりますね。

また、シートにはデュアルカーペットが設置されており、こちらは汚れた荷物を放り込んでも汚れにくく、防水仕様、消臭機能なども設置されているのでウレシイですね。

日産エクストレイル新型の新車両価格とグレードはどれくらいなのか?

日産新型エクストレイルの新車両価格に関してですが、現行型よりも若干ですが高くなると予測しています。

価格が高くなる理由として、プラットフォームやエンジンが最新されたり、先進安全装備(プロパイロット)全車標準装着の追加、内装や外装デザインが切り替わるため、価格が高くなるはず。

3代目エクストレイルの価格がこちらでした。

日産新型エクストレイルの価格
e-POWER 240万円~
2Lハイブリッド 280万円~

240万円そこそこの基本モデルから、一番高いモデルで360万円以上まで選び放題というグレードでした。

エクストレイルのハイブリッド車は、燃費が優れているだけでなく、ガソリン車では元足りない動力性能が上乗せされているので魅力的。

ただし、燃費が良いといいましても、ガソリン車と比較すると128%にとどまりますので、普段からどれくらいの距離を使うかなどを考えるとエンジン車が良いかもしれません。

また、新型エクストレイルではe-POWERが設置されるために、さらに燃費の計算もかなり変わってくるはず!

それから、ハイブリッドとe-POWERのシートは2列目限定。もし3列目シートを選ぶならエンジン車のグレード「20X」のみ。

しかしながら、エクストレイルのグレードの中で人気なのが「20XS」で、価格が一番安いグレードですね。価格が安くても、十分な装備が設置されていますので、ユーザも納得して購入するわけですね!

特別仕様のグレード「Xi」は安全装備のところでお話した「プロパイロット(自動運転っぽいの)」が装備されている上級モデルですが、その他ではエマージェンシーブレーキ等の先進安全装備がつくので選択できます。

AUTEの手がけるモードプレミアムは都会的でセンスよくまとめられています。ただし、タイヤは19インチタイヤで、デザイン性は問題ないのですが、少し走りが硬め・・・

日産エクストレイル新型のハイブリッド、e-POWERの燃費はどれくらい?

3代目エクストレイルと比較して新型の燃費はさらに良い結果を出してくれますね!理由は、新型エクストレイルに搭載される予定のハイブリッドが燃費効率を高めてくれるからです!

3代目モデルの燃費は「エンジン(直列4気筒 1.2L):16.4km/L、ハイブリッド(直列4気筒+モータ):20.8km/L」となっていました。

新型エクストレイルには、3代目とは異なる新たなハイブリッド、そしてe-POWERが搭載されています。

ハイブリッド(直列3気筒 1.2L+モーター)21km/L、e-POWER(電気モーター)25km/Lの燃費が見込まれています。

3代目エクストレイル
エンジン 16.4km/L
ハイブリッド 20.8km/L
新型エクストレイル
ハイブリッド 21km/L
e-POWER 25km/L

新型エクストレイルの燃費で、町中を走ってくれればウレシイところなんですが、燃費の良さにひかれてクルマを購入を考える人も多いはずですが、実際の燃費はカタログに表示されたもので、街なかや遠出すると若干ですが燃費の数値は下がります。これが現実!!

エクストレイルの新型の燃費数値はこちらになります。

4代目エクストレイルの実燃費まとめ
走行地:実燃費(1Lあたり) ハイブリッド e-POWER
スペック燃費 21km/L 25km/L
高速道路 15km/L 19km/L
郊外路 13km/L 18km/L
市街地 12km/L 17km/L

スペック数値と比べて、かなり下がっているのがわかりますが、これが現実でしょう。

毎日のように市街地の運転ならe-POWER、週末に高速を使い遠出をする場合はハイブリッドと、燃費のことを考えてエンジンを選びたいところ。

日産エクストレイル新型の発売日は2019年9月~12月

ポン君
「い、いつ出るの?」
テンさん
「次期エクストレイルの発売日のことですか?」
ポン君
「そうです!」
テンさん
「発売時期に関しですが、第46回東京モーターショーが2019年10月24日木曜日に東京江東区で開催されるのですが、このショーで発売日を発表すると見ています」
発売日の内容としては2019年の今年中ではないかと。つまり、2019年の10月~12月の間ということになりますね。
ポン君
「お~!も、もうすぐじゃっん!!」
テンさん
「ぉ!っということは、最新新型エクストレイルを購入予定ですか?」
ポン君
「いや」
「気持ちだけですよ、気持ちだけ。盛り上げると楽しいですよね」
テンさん
「・・・・・」

ちなみにですが、2019年の1月11日に現行型3代目エクストレイルのマイナーチェンジが行われています。

新型エクストレイルのまとめ言葉

以上となります!次期エクストレイルのお話を知てみました。

アウトドアでの使い勝手が良いタフギアというキャラクター「エクストレイル」の魅力、伝わりましたか?

パワーは十分で、モーターが活躍するハイブリッド、燃費効率が期待できるe-powerのエクストレイルのSUVの走りを体感したいもの、また、選択肢の広さがさらに広がったエクストレイルもさらにさらに魅力的になっています!

まだまだ隠された情報がありますので、ありますので、それらの機能の内容が入り次第、この記事を再更新したいと思います。

それでは。豊かなドライビングが満ち溢れますように!