新型セレナのハイウェイスターとノーマルの違いはボディスペック、サスペンション

セレナという名が冠された初代のデビューは1991年で、2016年8月にモデルチェンジして新型となった5代目。

5代目の新型セレナは、日産がコンセプトにしている家族層向けのミニバンからわかるように、アクセル操作に対する出力の発生を穏やかなチューニングにしてるんですね。また、運転時の安全を最大限に考えセイン心安全装備に「プロパイロット」を初めて搭載したり、その他にデュアルバックドアやハンズフリーオートスライドドアなども装備しています。

そんなセレナには標準のノーマルに対して、同時期にハイウェイスターシリーズが発売されています。

ポン君
「なに?それ?」
テンさん
「簡単に言えば、ハイウェイスターはセレナのカスタマイズした車」

ノーマルとは異なりハイウェイスターでは、このような部分がカスタマイズされています。

ノーマルとハイウェイの違い
  1. ボディスサイズ
  2. 外装、サスペンション
  3. 内装
  4. 価格

っということで、今回はセレナのノーマルとハイウェイスターの違いについてお話をしたいと思います。

新型セレナハイウェイスターとノーマルのボディサイズの違い

5代目現行型セレナのハイウェイスターのボディサイズは、ノーマルと比較して全高は同じなんですが、全長と全幅は長く設定されています。

ボディサイズを比較してみるとこのような長さになります。

ボディスペック:セレナ ハイウェイスター ノーマル
全長(前後の長さ) 4770mm 4690mm
全幅(横幅の長さ) 1740mm 1695mm
全高 1865mm
ホイールベース(前輪と後輪との距離) 2860mm
前トレッド(左右の車輪の中心間距) 1480mm
後トレッド 1480mm
車両重量 1690kg 1680kg
駆動方式 FF

ハイウェイスターの全長が+80mm、全幅が約65mmほど長く設定され重量が+10kg重い。

2016年7月のフルモデルチェンジ時に、ハイウェイスターのボディの基本骨格はノーマルと従来型は同じ。

ただし、専用セッティングにより、「外装のスポーティな走行性能、内装の足まわり、乗り心地」を重視したことで、ハイウェイスターの全長と全幅が長く設定されています。

ボディの骨格であるプラットフォームについては、他のライバルミニバンの「トヨタヴォクシー、シエンタ、ホンダフリード、ステップワゴン」などと比べてザンネンながら日産セレアの剛性感は強いとは言えません。

実際に4代目の旧型モデルのプラットフォームを継続して5代目に使用中で、結果的にボディの骨格そのものが進化されていないために剛性感は期待できず。

また、ボディスペックとは少し話が異なりますが、走行中に車内で耳の中に入ってくノイズ音は変わりなく、4~5代目の静音性はレベルアップされていない模様。

それから、最低地上高(FF車)に変更はないのですが、ハイウェイスターは16インチタイヤを履いたモデルのため、最小回転半径がやや大きくなる点には留意が必要。

最小回転半径 タイヤ
ハイウェイスター 5.7m 15インチ
ノーマル 5.5m 16インチ
ポン君
「え~っと、どっちのほうがいいんだっけ?」
テンさん
「最小回転半径の数字は少ないほうが有利で、小回りの良さが目安」
ノーマルに比べてハイウェイスターのホイールベースが小さいために最小回転半径大きく影響しています。

新型セレナのハイウェイスターのエンジン「e-POWERとマイルドハイブリッド」

パワートレインには、マイルドハイブリッドを採用するガソリンと、フルハイブリッドシステム「e-POWER」が引き続き搭載されます。

  • e-POWER
  • 直列4気筒2L

e-POWER

新型セレナのハイウェイスターに搭載されているe-POWERに関しまして、他のページでもいろいろと記載しているために、簡単な説明にしたいと思います。

e-POWERは、新しいカタチの車で、エンジンで発電機を回して発電し、この発電したモーターを利用してタイヤをグルグル動かし走るハイブリッド車。

e-POWERの発進時は出力は低めながらも、電動モーターが押してくれる感覚があります。この特有の押す感覚が、幅広い速度域の変速比幅を広げCVTの進化もスムーズに効いて、アクセルを踏んでからの出足の加速から中~高回転域に掛けての吹け上がりが軽やかで良い!

セレナe-POWER:パワートレインスペック
エンジン種類 直列3気筒1.2L(発電専用)+電気モーター
型式 HR12DE
モーター最大トルク 32.6kgm
モーター最高出力 136ps

エンジンで発電機を動かすということで、コンセントからの充電は一切必要がないのがポイントですね!ただし、充電するためにエンジンを動かすためガソリンは必要になります。

直列4気筒2L(MR20DD)

新型セレナハイウェイスターのマイルドハイブリッドは、現行型のグレード「S」にも設定されているモデル。

こちらに採用されているエンジンは直列4気筒2L(MR20DD)で、日産およびルノーが手がけるエンジンです。

このエンジンがもたらす動力性能は、率直なところやや活発さに欠ける印象です。

エンジンルームに搭載されているエンジンの最大トルクは20.4kgf・m、最大回転数が2.6psを発生します。

絶対的な出力にさほどの余裕がないことはもとより、アクセルペダルを踏んだら、発進直後からスピードに乗るまでに少し時間がかかってしまう。

新型セレナハイウェイスター:パワートレインスペック
エンジン種類 直列4気筒2L
型式 MR20DD
最大トルク 20.4kgm/4000rpm
最高出力 150ps/6000rpm
総排気量 1997cc
駆動方式 FF
ミッション CVT

ちなみにセレナハイウェイスターに搭載される直列4気筒2L(MR20DD)は、初めて搭載されるわけではなく、2010年11月にフルモデルチェンジした4代目セレナにも搭載されていま。

そもそも、このエンジンMR20DDが開発されたのは2004年で、決して新しくはありませんね。セレナに初めて搭載した次期の2010年にMR20DDはターボチャージャー搭載のガソリン直噴エンジンに更新されました。

5代目セレナにも直列4気筒(直噴)2Lが搭載されており、新型の6代目では、このエンジンに電動モーターが組み合わされる予定。

ちなみに、MR20DD型エンジンが搭載されている車こちらになります。

MR20DD型エンジン
車種名 時期
日産 セレナ 4代目、5代目
日産 エクストレイル 3代目
スズキ ランディ 初期
ルノー タリスマン 初期
ルノー コレオス 2代目
ルノーサムスン SM6 初期

以外にもスズキ・ランディなども搭載の経験があるんですね。

グレードによってはマイクロハイブリッド(シンプルハイブリッド)も設置されます。
このマイクロハイブリッドは、最新アイテムではなく約7年ほど前の2012年8月のマイナーチェンジで、FF車に搭載されたスマートシンプルハイブリッドと呼ばれ名前た「S-HYBRID」。S-HYBRIDの役割としては、速度調整による回生発電量を増やし、駆動力にも補助的に使えつつ、燃費向上にも一役かかわってくれるんですよね◎

新型セレナのハイウェイスター外装「ホイールインチ、サスペンション」

上部のボディスペックのところでもお話したように、セレナのノーマルに対してハイウェイスターは大きい設計になっています。

セレナのボディスペック
ハイウェイスター ノーマル
全長 4770mm 4690mm
全幅 1740mm 1695mm
全高 1865mm

ノーマルに対してハイウェイスターは全長と全高が大きく設計されています。

ノーマルの外装でもスポーティな意匠になっているのがわかりますが、ハイウェイスターは全長・全高がさらに大きいためによりスポーティーになっています。

ただし、全体的にサイズは大きくはなっているのですが、ボディサイズは5ナンバー枠に収まっています。

セレナのノーマルとハイウェイスターではホイールの大きさも違います。

ノーマルは15インチですが、ハイウェイスターは1インチ増しの16インチ。ただし、ハイウェイスターの最上級グレード「G」は、アルミホイール15インチとなっています。

サスペンションの違い

セレナのハイウェイスターには専用サスペンションを設置しています。このサスペンションは安定走行や操縦性を高めることができます。

専用サスペンションを設置することで、タイヤをできるだけ地面に接地させそのまま追従性を保つ役割で安定走行をより高めてくれます。

特に、高速走行時やS字コーナーでの姿勢変化を抑えつつ、走行中のハンドルの手ごたえを最大限に安定した操縦性を高めてくれるんですね。そのために、乗り心地にもかなりつながると言われているために、もし興味あるかたは、試乗運転でノーマルとハイウェイスターの両方を試したいところ。

新型セレナハイウェイスターの室内の広さ

ハイウェイスターのセレナには広い室内空間が一つのウリ。

もともとノーマルなセレナがライバルをリードしていた部分のアドバンテージをさらに広げたのがハイウェイスター

多彩なシートアレンジ、豊富な収納スペースなどをうまく利用することができますね。

セレナの室内スペース
ハイウェイスター ノーマル
室内長 3240mm 3170mm
室内幅 1545mm 1545mm
室内高 1400mm

ハイウェイスターの室内の長さと幅はミニバンの中でトップクラスを誇るほどの広さなんですよね。

ミニバンの室内スペース
日産
セレナ
ハイウェイスター
ホンダ
ステップワゴン
トヨタ
アルファード
日産
セレナ
ノーマル
日産
エルグランド
トヨタ
ヴォクシー
ホンダ
オデッセイ
室内長 3240 3220 3210 3170 3025 2930 2935
室内幅 1545 1500 1590 1545 1580 1540 1625
室内高 1400 1425 1400 1400 1300 1400 1325

身の丈感が得られるところが美点で、使い勝手においてもいろいろ新しいことにチャレンジできるはず!

新型セレナハイウェイスターの内装デザイン、アッパーボックス周り

セレナのノーマルとハイウェイスターの内装は基本的には同じです。
ただ、シートとナビのオプションにほんのちょっとだけ違うところがあります。

セレナの運転席、助手席のアッパーボックスにメーターパネルが配置されおり、このメーターは7インチディスプレイのため、非常に見やすく使い勝手に優れています。

メーターパネル内のスピードメーターの数字はデジタルに表示されているために”パッ”とみたら”パッ”と判断できるために見やすいですよね?あと、他にタコメーター情報なども表示されています。

また、オプション設定になりますが、走行や駐車時など周囲を確認できるアラウンドビューモニター画像も、このアッパーボックスのメーターパネルに表示されます。

ポン君
「運転してる車の横や後ろを画面で確認できるのは駐車などに良いですね~」
テンさん
「そうなりますよね◎」
あと、これまたオプションになりますが、ルームミラーにもセレナの後方部分のカメラ映像を確認することが可能。

運転に慣れている人や軽自動車だったらそこまで後方部分は意識しないかもしれませんが、セレナのような3列目シートの車になると、車内に乗ると後方視界が狭くなり、確保がしづらくなるんですよね!

そのようなことから、カメラを設置しルームミラーで確認をすると後方の確認がしやすくなり、駐車などもスムーズに行うことができるはず。

助手席側のアッパーボックスの内側には、こっそりと便利なUSBソケットが1つせっちされています。このUSBで運転中にスマートンやタブレット、あらゆるデジタル家電などを充電することができますね。

ちなみにUSBソケットは他の場所にも設置されており、1列目・2列目シートの背面部分にこっそりと設置されています。

アッパーボックスの中央には8インチモデル(9インチ)の車種専用のナビが搭載されています。このナビについては、車内のエアコンを操作するボタンと一体感、それからスマートフォンをナビとつなげれば、音楽も再生できますね。

ハイウェイスターだけが選択できるのは”楽ナビ”機能で、こちらはカーナビゲーションシリーズの一つで快適なドライブの道をわかりやすく教えてくれますね。

セレナのノーマルのオプションでクイックコンフォートヒーター付シート

運転席シートは、ドライビングポジションはゆったりしたもので、視点も高いため、遠くまで見通しやすいのが特徴的ですね。
運転席、助手席のアームレストや運転席はいとあジェスターは全グルマに標準装備。

ここで前席シートにノーマルとハイウェイスターとの違いがあります。

ノーマルにはオプションに背中からお尻を温めてくれる「クイックコンフォートヒーター付シート」が可能ですが、ハイウェイスター設置することができません。

寒い地方に住んでいる人にとってはヒータ付シートは必需品ですよね?!これは結構重要なポイントかも。

新型セレナのハイウェイスターとノーマル「価格の違い」

好調な販売成績が伝えられる要因を推測すれば、モデルチェンジを行なってもボディサイズが据え置かれたことによる日常シーンでの使い勝手の良さや、200万円台を中心とした車両価格設定など、日本のユーザー本位のクルマづくりの姿勢が評価されたと受け取れる。

ポン君
「ぶっちゃけ、セレナのベースとハイウェイスターの価格はどっちが高いの?」
テンさん
「やはり、車高や車幅、ホイールベース、電動モーターが設定されているために”ハイウェイスター”のグレードが価格は高いですね!」

ベース仕様のスタート車両には「自然吸気、ハイブリッド」が設定でき、240万円以上からになりますが、ハイウェイスターの車両は「ハイブリッド」のみで、20万円以上も高額という強気の設定。

グレード エンジン類 駆動方式 乗員数 新車両価格
ハイウェイスター
ハイウェイスター 2L 直4+モーター FF 8名 2,678,400円
4WD 2,965,680円
ハイウェイスターG FF 3,011,040円
ノーマル
グレードS 2L 直4 FF 8名 2,435,400円
グレードX 2L 直4+モーター 2,489,400円
4WD 2,733,4800円
グレードG FF 2,847,960円
4WD 3,135,240円

セレナのハイウェイスターを選ぶとFFと4WDの選択肢があり、その他に安全装備のプロパイロットを選ぶか否かもあります。

プロパイロットについては、ネットや雑誌などで「プロパイロット=自動運転」という紹介が行なわれているところもありますが、正直な話、明らかに行き過ぎの感が否めない。

ボタンを押せば、「自動でアクセルを踏み、危険を察知して速度を落としたり車を止めてくれる!と言えるほどの機能は備わっていないのが現状。プロパイロットは高速道路では、速度を一定に保ちながら走行はできるかと思いますが、一般道では機能はまだ期待できず、半自動運転とフレーズといったところ。

上級グレードのハイウェイスター「G」にはFF車だけの設定になりますが、フロントのヘッドランプがLEDや空気の浄化機能が期待できるプラズマクラスターが装備されています。

また、なんどか「ハイウェイスターは16インチタイヤだ!」とお話していますが、これはあくまでも駆動方式がFFのみとなっています。

まとめ

今回は日産セレナのノーマルとハイウェイスターを比較してみましたがいかがでしょうか?

ざっくりと言えばこの4つの違い

  1. ボディスペックの違い
  2. サスペンションの違い
  3. 前席シート(オプション)の違い
  4. 価格の違い

このようになっていますね。
とくにサスペンションによって走行時の座り心地やハンドウルに対する振動などがかなり違うという話を聞いていますので、購入を考えている方はノーマルとハイウェイスターの試乗運転を試してみてはいかがでしょうか?

ということで、今回はここまでにしたいとおもいます。