新型レクサスCTフルモデルチェンジ2019発売日の最新情報予想「ハイブリッド、燃費、価格」

レクサスの人気コンパクトハッチバック「CT200h」が2019年にフルモデルチェンジ予定です!

  • 最新のプラットフォームは現行プリウスから採用が開始される新しいタイプ
  • インパネの形状はエアコンのスイッチなどが収まる中央部分を地雷場レクサスCT側に傾けるレクサスUXに少し似ている
  • CT200hのエンジンは、電気モーターハイブリッドなのに、力強く発進時から余裕を感じる
  • 先進安全装備は「レクサス セーフティーシステム+」で、最適システムを搭載で、単眼カメラとミリ波レーダーが組み合わされ、車だけでなく自転車や歩行者も検知!

レクサスCTは2011年1月12日に発売され、2014年と2017年8月の2度のマイチェンが行われましたが、この度、2019年にフルモデルチェンジが登場する可能性がでています!

現在わかっている次期レクサスCTのフルモデルチェンジの内容としてはこちらになっています。
今回は、この新型レクサスCTに関しての情報を見ていきたいと思います。

新型レクサスCTのボディサイズのスペックを表示!

レクサス新型CTのボディサイズにつきましては、現段階では詳細はわかっていませんが、2011年1月12日から国内発売を開始している現行型よりも一回り大きくなると予測しています。

ポン君
「ふんふん、ふん。」
「って、現行型のサイズって、どんぐらいでしたかね?」
テンさん
「現行型CTのサイズ(全長、全)は、前期・中期・後期でサイズが異なっていますね」
初期レクサスCT:ボディ説明書
全長 4320mm
(2011年1月~2014年1月)
4350mm
(2014年1月~2017年8月)
4355mm
(2017年8月~)
全幅 1765mm
全高 1450mm・1460mm
車分類 ハッチバック
ホイールベース 2600mm
車両重量 1380mm~1440mm
(2011年1月~2014年1月)
1380mm~1460mm
(2014年1月~)
駆動方式 FF

 

マイナーチェンジ 年月日付 全長 全幅 全高
初代発売日 2011年1月12日 4320mm 1765mm 1450mm
1460mm
前期モデル 2011年1月12日
中期モデル 2014年1月16日 4350mm
後期モデル 2017年8月24日 4355mm

新型レクサスCTのサイズとしては、後期モデル型よりも一回り大きくなると見ています。

約2年前の2017年8月24日に実行されマイナーチェンジにより全長は5mm延長され4355mmとなりましたが、これは前輪軸と後輪軸であるホイールベースがが延長されたためです。

この後期モデルのホイールデザインは、新型レクサスCTにも採用される模様で、室内空間を効率よく獲得してくれるはず!

新型レクサスCTのGA-Cプラットフォームが採用予定

現行型には設定されていませんが、フルモデルチェンジで生まれ変わる新型レクサスCTのプラットフォームにはTNGAを採用されるはず。

TNGA Toyota
New
Global
Architecture
トヨタ
ニュー
グローバル
アーキテクチャー

他のページでもお話しているように、TNGAは、トヨタやダイハツなどの自動車が共同で、クルマの土台であるプラットフォームの制作、さらにコストが掛からないような工夫などの細かなシステムまでも一括して設計されています。

新型レクサスCTは、トヨタの新型プラットフォーム「TNGA」のレクサス版「LNGA」を採用します。

TNGA(LNGA)のなかでもCセグメント(ハッチバック)向けの新しいプラットフォーム「GA-Cプラットフォーム(TNGA-C)」が新型レクサスCTに採用される予測。このプラットフォームは、国内のハッチバックで人気のトヨタプリウス、C-HRなど先行して搭載されているんですね。

GA-Cプラットフォームの特徴として簡単にお話すると、「高剛性、パーツ軽量化、低コスト」などに成功していますので、新型レクサスCTに設置した場合、走行や衝突時などの安全性、それから燃費アップなどが期待できますよね!

新型レクサスCTのパワートレインは初代後期を継続して採用

フルモデルチェンジで誕生する新型レクサスCTのパワートレインは、初代後期に設置されているエンジンやハイブリッドなどが搭載される予定です。

レクサス新型CTのエンジンには直列4気筒(2ZR-FXE)、排気量が1.8L、ハイブリッド(3JM)にTHSⅡが搭載予定です。

直列4気筒(ZRエンジン)は、トヨタが製造・開発したZZ型エンジンの後継機の水冷直列4気筒ガソリンエンジンで、こちらはZZ型と比較して冷却性などを向上させるために、出力、低回転域のトルクが数段上のために、快適な走行と、燃費を向上が期待できるんですよね!

最初に登場したのが2006年9月でカローラシリーズよりデビューし、その後、「ノア、ヴォクシー、ウィッシュ、アイシス」など一般的なミニバンなどに搭載されされ、年々カスタムされ、トルクや出力がアップしています。

新型レクサスCT:パワートレインスペック
エンジン 直列4気筒+電気モーターハイブリッド
排気量 1.8L
最大トルク 14.5kgm
最大トルクモーター 16.6kgm
最高出力 98ps
最高出力モーター 72ps
トランスミッション CVT
駆動方式 FF

発電用と駆動用の2つのモーターを採用するスプリット式ハイブリッドの「THSⅡ」が設置され、こちらは国内でハイブリッドで人気の「プリウス」にも採用された最新のハイブリッドシステムが搭載されていますね。

THSⅡの特徴としては、「小型・軽量・低損失化技術」なところで、熱効率を40%以上としたを低減し、静かな走行と、新バッテリー採用で効率的な燃費が期待できます!

新型レクサスCTの電気自動車EV

レクサス新型CTには、ハイブリッドだけでなくフル電気自動車(EV)の設定も予定されている模様。

現段階ではレクサスでEVは登場していないために注目されているところですが、レクサスから2020年頃にEVモデルが発売すると噂されていています。

レクサスの欧州部門トップが、2020年代前半には日本、インド、米国、欧州でもEV、ならびにプラグインハイブリッド車(PHV)を投入する方針。

現在わかっていることとしては、レクサスはUX300eのEVモデルとみられる商標が登録されている模様ですが、まだまだオープンにされていないところが多く、本格的にEV開発に乗り出したと言う情報は流れていますが、それ以上はわかっていないのが現状。

ただ、レクサスUXが初めてのEVになるのではと言われています。レクサス新型CTのEVの誕生は、その後に登場するということになりそうです。

新型レクサスCTの安全装備「Lexus Safety System +」

レクサス新型CTの安全装備につきましては、現行型初代で設置されていた衝突回避支援や高度運転支援機能である第2世代の「Lexus Safety System +」に進化しましたが、新型はそのまま搭載されると予定。

第2世代の「Lexus Safety System +(レクサス セーフティ システ)」は、2018年より発表された安全システムで、第1世代と同じく、レクサスCTなどの車種に「単眼カメラ、ミリ波レーダー」が設置されることにより、対向車や対歩行者、障害物などを検知し、突回避支援システムや被害軽減をサポートしてくれる機能となります。

ポン君
「新しいCTには、どんな機能な設置されてるの?」
テンさん
「大きく分けるととセーフティーシステム+には4つ設定されています」
レクサス新型CTの先進安全装備「第2世代レクサス・セーフティ・システ+」
プリクラッシュセーフティシステム(衝突回避支援または被害軽減)
レーンディパーチャーアラート&キーピングアシスト
オートマチック&アダプティブハイビームシステム
レーダークルーズコントロール

プリクラッシュセーフティシステム

こちらの機能としては、新型CTが走行している進路上に車や歩行者、それから自転車を運転する人などを「単眼カメラ、ミリ波レーダー」が検知し、衝突の可能性を判断した場合において、メーター内の警報指示や警報音でドライバーに知らせてくれます。また、距離や速度によって自動で速度調整を行い、衝突軽減を事前に防いでくれます。

レーンディパーチャーアラート&キーピングアシスト

ポン君
「名前からは全くどんな機能なのか想像できないんですけど?」
テンさん
「簡単に言えば、走行中に道路にひかれている線からはみ出した場合に注意を知らせてくれる機能になります」
ポン君
「うん、でも、カーブを曲がるときとかは、誰だって線をはみ出したりするんじゃないの?」
テンさん
「確かに」
こちらの機能としては、道路に引かれている白線や黄線に近づいたり、乗り越えると警報音などでドライバーに注意喚起するのですが、運転手が方向指示器を出した状態で線に近づいたり踏んだ場合には機能はしないいようになっています。

オートマチック&アダプティブハイビームシステム

こちらの機能としては、新型レクサスCTに搭載されているフロントライトを自動で「ハイビームorロービーム」に切り替えてくれる機能。

内容としては、前方に設置されている単眼カメラにより、先行車のテールランプや対向車のヘッドライトなどの光を認識し、ハイビームorロービームを自動で切り替えてくれるわけですね。

レーダークルーズコントロール

同一車線内中央を走行できるよう、操舵を支援するシステム。

2代目新型となるレクサスCTには、先ほどお話した「レクサス セーフティ システ+」による安全装備だけでなく、他にも車両接近通報装置をレクサスとして初めて標準装備されています。

こちらは、簡単に言えば、電動モーターで走行する静かなハイブリッド車の接近を、ドライバーやまわりの歩行者などに知らせる機能。

また、新開発のむち打ち傷害軽減シートや合計8個のSRSエアバッグを採用されているんですね!

新型レクサスCTの外装「フロントライトLED」

レクサス新型CTの外装デザインとしては、UXシリーズを中心にあしらわれ、スポーティと上質さが追求されるはず。

レクサスのデザインアイコンシリーズとなる「スピンドルグリル」は、ヨーロッパの高級車メーカーに負けないデザイン。微妙にですが、角度によって見え方が変えるブロックメッシュ形状を採用して、高級感とともに、しっかりとエンジンを落ち着かせるための役割も果しているんですよね!

フロントに設置されるヘッドライト上部には矢じり形をしたアローヘッド形状のLEDランプで、初代のマイナーチェンジで搭載されたデザインをそのままに引き継ぎつつ、しっかりとスポーティー感を維持しつつ、LEDランプが光源を3眼で高級感あふれるデザインとなっています。

翼のような立体造形のテールランプ左右や樹脂フェンダーは空気の力で走行安定性を高める形状となっているんですよね。

タイヤサイズは、17インチor18インチを選ぶことができますが、これはホイールも同じ。

新型レクサスCTの(インテリア)デザイン「シート、ハンドル、メーター」

現段階でレクサスCT新型の内装・外装の最新情報は流れていませんが、おそらく新型UXが大きなキーポイントになると見ています。

レクサスUXは、2018年3月6日に開幕したジュネーブモーターショーで発お目見えして、同年の11月27日に国内で発売されたんですよね。

UXは、コンパクトクロスオーバーSUVで、NXよりもわずかに小さいコンパクトSUVに仕上げられており、ボディとしては新型CTと同じコンパクトクラス。

そのため、UXの外装・内装デザインは新型CTの大きなヒントになるはず!

ドライバー側に傾けたインパネ

レクサス新型CTの内装は、UXでも採用された最新デザインが採用されるはず。

インパネも用意され、ナビやオーディオはセンターコンソールとゾーン分けを明確にした設計になるはず。運転中でも効率よく操作できることを優先。

それから、新型UXのインパネでは、ドライバー側に傾けたデザインとなっているため、レクサスCT新型でも同じように設計されるはず。

インパネ上部のナビゲーションの画面サイズは10.3インチ(約26cm)で、画面が大きいために見えやすく、操作性も高いはず。

ダッシュボードの上にオンダッシュ形式のナビモニターが設置されていますが、こちらはナビ画面をタッチパネルで操作するのではなく、手元のコントロールで行いますね。

インパネのナビの下にはエアコン空調が設置され、その下に空調をコントロールするパネルが設置されていますが、こちらは包み込まれるようなパネルで操作系を高めているのが特徴的。

グレードで変わる1眼と2眼タイプのメーター

ドライバーの前に設置されているデジタルメーターは、標準仕様の1眼とグレードによって2眼タイプがありますが、いずれも円形に囲んでおり、円の中央に液晶画面が設置されており、その中に速度が大きく表示されているために見やすく、速度によって表示が変化するんですよね!

それから、リングが左右に電動スライドするこった作りが特徴的。

スポーティーなシート

新型UXシリーズ同様にシート表皮にオーナメントパネルとの一体感を感じさせる2トーンカラーを採用。

ドライバーや助手席のシートは、座った瞬間にスポーティーな運転間隔を感じるんですよね。床に対しての着座位置の低さにもよるのですが、前方に対する視野間隔は広いのが特徴的。

標準タイプのシートは、脇腹をしっかりとサポートしつつ、けっして圧迫感がない、そして、座面や背もたれ上部は開放的な形状になっています。

グレード上級は、シート素材とともに、良好な姿勢を保ち筋肉に負担を与えないように姿勢保持性能が高い機能が採用されています。

新型レクサスCTの後部座席シートは狭い空間になる可能性が高い。これはあくまでもUVをベースに設計さらた場合によりますが、新型UVは前席優先のパッケージのため、後部座席は広さを割り切った空間。

後部座席シートに大人が座ることに問題はありませんが、天井や足回りには余裕はあまりないはず。

室内の広さ
3代目CT 初代UV
室内長 1765mm 1830mm
室内幅 1470mm 1520mm
室内高 1135mm 1170mm

ただし、座り心地に良い面はありませんが、床と座面の高低差をしっかりと確保しているために、乗り降りはスムーズに行えるかと思います。

新型レクサスCTの新型車両価格はどれくらい?

ポン君
「レクサスCTは運転したいし、ほしいとは思うんですが、おいらお金ないんで、まったくもって買うつもり無いんですが、、、買うつもり無いんですけど、どんぐらいするんですかね??」
テンさん
「新型2代目となるレクサスCTの予想新車両価格につきましては、基本的には初代現行モデルの価格帯とほぼ据え置きか、少しアップするくらいだと予測しています」
ポン君
「なんで?」
「そんなこといいながら”ドカーン、ボコーン”と100万とか500万とか予想以上になることもあるんじゃないの?」
テンさん
「あくまでも、レクサスによる公式アナウンスやモーターショーなどでの発表がなされていないため、詳しいことまではわからないのが現状」
ポン君
「んだぁ」
テンさん
「すいません」
価格を維持する理由としては、初代レクサスCTのパワートレイン「直列4気筒1.8L+電気モーターハイブリッド」などがそのまま新型に移行すると見ているため、価格変動は無いと読んでいます。

なおかつ、ライバル車種のアウディA3、メルセデスベンツAクラス、BMW1シリーズ」といったモデルがベンチマークになり、ブランドの入口となるモデルと予測され、多少の価格を上げたとしても、大幅に価格上昇はないと見ています。

新型レクサスCT予想価格:380~480万円

グレード エンジン類 排気量 シフト 駆動方式 新車両価格
CT200h 直列4気筒
電気モーターハイブリッド(THSⅡ)
1.8L CVT FF
(2WD)
3,770,000円
CT200h
バージョンC
3,990,000円
CT200h
Fスポーツ
4,400,000円
CT200h
バージョンL
4,770,000円

 

新型レクサスCT200hの車名の由来と”200h”の意味

ポン君
「なんで”CT”って言うの?」
「おいらの頭の中では、CTと聞くと病院のCT検査しか思いつかないんですけど?」
テンさん
車名の「CT」は略語で、「Creative Touring vehicle(クリエイティブ・ツーリング)」で、「創造的なさま。独創的にあふれる」=「走り」
車名の他に、「200h」とつけられているのですが、こちらの数字を見る限りでは「排気量が2.0L」と判断する人もいるかも知れませんが、実際は1.8L 直列4気筒ですよね?

200のあとに”h”がついていますが、こちらはハイブリッド車という意味。「CTのハイブリッド車の動力性能は、2.0Lガソリンエンジン並の排気量があるんだぜ!」っという意味があるんですよね!

次期2代目となる新型CT200hのハイブリッドシステムの燃費はどうなるのか?新型プリウスにも採用されている「THSⅡ」は初代にも採用されているのですが、おそらく2代目にも設置されると見ています。

新型レクサスCTの燃費はどれくらい?

今回のマイナーチェンジで新しくなるレクサス新型CTの燃費に関しては、最新のプラットフォームTNGA(LNGA)の採用やパワートレインのハイブリッド「THSⅡ」などにより、さらに燃費向上が期待できると予想。

現行モデルCTのパワートレインは、「直列4気筒(2ZR-FXE)、排気量1.8L、ハイブリッドTHSⅡ」が搭載されて、JC08モード燃費で「30.4km/l」を記録していました。

良好な燃費値が確保しているのがわかりますよね!

新型CTでは、33~35.0km/L以上の燃費値が見込まれていますね。

2代目新型レクサスCTのパワートレインは、基本的には現行型と大きな変りはなく「直列4気筒、排気量1.8L、ハイブリッドTHSⅡ」が搭載されると見ています。となると、初代と2代目の燃費に変わりはないと思うのですが、新型である2代目からはプラットフォームにLNGAが採用されるために、かなりの軽量化が予想され、燃費向上されるはず!

それから、現在NXに搭載している2.0Lターボエンジンからターボを取り除いた自然吸気の新NAエンジン(8AR-FS)も搭載されるという情報が舞い込んでいます。

新型レクサスCTフルモデルチェンジ後の発売日はいつ発表なのか?

フルモデルチェンジが行われるレクサス新型CT200hの発売日に関しては、2019年冬か、2020年春と予想しています。

国内で初代レクサスCTが発売されたのが2011年1月12日と約8年以上も経過しているために待ち遠しい、待ち焦がれるところですが、2017年や2018年のモーターショーでお目見えするかと思いきや、新型車のレクサスUXを先に投入され、次期CTのフルモデルチェンジが後ろにずれ込むという形になっている状態。

2019年に入り、ジュネーヴやデトロイトモーターショーでは登場していなかったため、最有力としては同年10月の第46回東京モーターショーで華々しく登場してから、その後に1~2ヶ月後、ないしは半年後の2020年の3月の桜が咲く時期に販売を開始する!っというのはどうでしょうかね!

新型レクサスCTまとめ

っということで今回は新型レクサスCTのフルモデルチェンジの予定についてお話をしてみました。

記事内容が少しながーー~くなりましたが、新車をチョイスするときのはじめの1歩のになれば幸いです!

ポン君
「文章が長すぎて、途中からおいらスマフォいじってました」
テンさん
「・・・・・つ、、、」
「次からは、しっかりと濃い記事を書きたいと思います」

新型レクサスCTにつきましては、まだまだベールに包まれていることが多く、今回はパワートレイン「エンジン、ハイブリッド」関連しかほとんど書くことができませんでした。外装や内装は、同社UVが予想されると思い記載しただけで、実際はどの様になるかはわからないため、新たな情報が入り次第、どんどんご紹介していきたいと思います。