S660新型モデルチェンジ新作情報「内装、価格、グレード」

軽自動車のレベルを超えた真制スポーツカー、それが2人乗り専用オープンスポーツカー「ホンダS660!」

S660のエンジンはN-BOXをはじめとするNシリーズに搭載されるターボエンジンのため、アクセルを軽く踏み込み、6速MTのミッションを切り替えていけば、心が揺さぶられる走りとともに、鋭く吹き上がるようなエンジン音を楽しむことができます!

そして、S660はルーフをオープンにする方式のために、より体中でエンジン音を存分に感じることができますね。

ポン君
「ぉお、おお、あんまりスポーツカーは興味ないんですが、ちょっと気になってきたぞぉ!」
テンさん
「そうですか?!」

では、さっそく新型S660のお話を進めていきましょうかね。

新型S660最新情報フルモデルチェンジ

新型S660の最新情報として、フルモデルチェンジにより、S660のグレードに「S660 Trad Leather Edition」が追加されます。

S660 Trad Leather Edition
(トラッドレザーエディション)」

グレード「S660 Trad Leather Edition」は特別仕様車としての発売される予定で、特徴的なのが車内の「インパネ、ステアリング、シート」が高級ですね。

グレード「α」も十分に高級で、このグレードも同じく「インパネ、ステアリング、シート」が革を採用されているために、高級感たっぷりがつたわってきます。

しかしながら、フルモデルチェンジで追加されるグレード「S660 Trad Leather Edition」のシートの外側には上等上質感が高まるトラッドレザーが採用され、中央に手触りのよいスポーツレザーシートが設置されています。座るたびに、自分の体にフィットしてくれそうな予感。

また、ルーフオープンはシックなイメージを高めるブラウンロールトップを使用。

新型S660のボディサイズのスペックはどれくらい?

フルモデルチェンジで誕生するホンダの新型S660の形式はオープンスポーツですが軽自動車規格にあたります。ほとんど実用に向かないという点でも真性のスポーツカーといえますが。

S660型のボディサイズにつきましては、「全長、車幅」は軽自動車規格ギリギリで、「全高」は低めに設計されています。

S660:ボディスペック
全長(前後の長さ) 3395mm
全幅(横幅の長さ) 1475mm
全高 1180mm
ホイールベース(前輪と後輪との距離) 2285mm
前トレッド(左右の車輪の中心間距) 1300mm
後トレッド 1275mm
車両重量 850kg
駆動方式 FF、4WD

軽自動車規格の制約がないと限りがないために、段階的にドンドンと拡大してしまうので、このS660が軽自動車で良かったと開発関係者が述べていたことには妙に納得できますね。

新型S660のボディカラー

S660の外装ボディカラー
No 標準カラー 色系統、色見本
1 アラバスターシルバー・メタリック【S660 Modulo X専用】
2 アドミラルグレー・メタリック
3 カーニバルイエロー
4 フレームレッド
5 ナイトホークブラック・パール【新色】
6 フレンチブルー・パール【新色】
7 ブリティッシュグリーン・パール【新色】
8 プレミアムスターホワイト・パール(オプション)

No1のボディーカラーは、グレード「モデューロX」専用色となる
高級感のあるアラバスターシルバー・メタリック(銀色)。

No5~7の「ナイト、ブルー、グリーン」の3色は、最新のボディカラーで、新色で登場しています。グレード「α」は、No2~7まで選択可能となっており、グレード「β」はNo2のボディカラーだけです

新型S660エンジン 直列3気筒658ccDOHC(S07A型 + ターボ)

フルモデルチェンジで新しく登場する新型S660のエンジンは軽自動車最強のスベックを誇る「直列3気筒658ccDOHC(S07A型 + ターボ)」が搭載されています。

S07A型は、2011年11月にホンダが開発した軽自動車専用の直列3気筒ガソリンエンジンで、特徴的なのがロングストローク(クランク軸方向長さ)のために、低中速トルクに優れ、リニアなレスボンスと伸びやかな吹け上がりが気持ち良い。結果的に燃焼効率向上につながるわけですね。

S07A型エンジンは、新型S660の他に同社Nシリーズ「N-BOX、N-WGN、N-ONE」にも搭載されています。

そしてS660にはS07A型エンジンに、専用設計ターボチャージャーを採用していますので、さらにトルクや燃費向上につながっているんですね!

新型S660:パワートレインスペック
エンジン種類 直列3気筒658ccDOHC
型式 S07A
最大トルク 10.6kg・m(104N・m)/2600rpm
最高出力 64ps(47kW)/6000rpm
総排気量 658cc
駆動方式 FF、4WD
ミッション CVT

3気筒エンジンとターボ付きエンジンは、コックピットの背後に横置されます。

もしかしたら、「エンジンとターボだけ?」っと思う人もいるかも知れません。しかしながら、このエンジンはじめ随所に入念な専用チューニングが施され、鋭い吹け上がり感を得ている。

新型S660はセーフティ・サポートカーSが採用「シティ ブレーキ アクティブ システム」

ホンダ新型のS660の安全装備には、前方車両との衝突を防いでくれる機能が備わっています。

そもそもS660は、セーフティ・サポートカーS(ベーシック)が採用されています。

セーフティ・サポートカーとは、国の統治機関である経済産業省や国土交通省などがすすめている新しいクルマの安全システムの一つ。
高齢運転者を含めたすべてのドライバーに事故を未然に防ぐためのに、自動ブレーキなどの先進安全技術など一定の運転支援機能が搭載されたクルマを「セーフティ・サポートカー」になります。

そして、セーフティ・サポートカーの条件に沿ったクルマが新型S660になります。

新型S660には、渋滞中などで、前のクルマとぶつかりそうになると、回避を支援するシステムが搭載されています。

この役割を果たしてくれるのが「シティブレーキアクティブシステム」

シティ ブレーキ アクティブ システム

ポン君
「し、シティ?ぶ、ブレーキ、なんちゃらって、なぁに?」
テンさん
「”シティ ブレーキ アクティブ システム”ですね!」

こちらの安全システム簡単に説明させていただくと、自動ブレーキの一種です。

S660を運転時の低速走行中(約30km/h以下)に、前を走っているクルマのほぼ真後ろからぶつかりそうになった場合に、ドライバーのアクセルペダルやブレーキ操作を支援してくれるのが「シティ ブレーキ アクティブ システム」の役割となります。

つまり、「シティ ブレーキ アクティブ システム」の機能で、前方車両との衝突を未然に防いでくれるわけですね。

ポン君
「やはり、シティ ブレーキ アクティ、、、なんちゃらシステムってのがあると、運転をするときも安心ですよね◎」
テンさん
「確かに」

ただし、この安全システムにつきましては、新型S660の全グレードに設置されているわけでなく、あくまでもオプションとなります。

オプションの場合、エンジンのトランスミッションであるMTやATでも選択可能。CVT車については、目の前に障害物があるにもかかわらずアクセルペダルを強く踏み込んでしまった場合に音やメーター、自動ブレーキを役割を果たしてくれる「誤発進抑制機」も備わっていますね。

S660のエクステリア デザイン

発売からしばらく新しい動きがなかったところ、2017年の5月と2月に、いずれも色にこだわった特「別仕様車が設定された。

S660の内装「シート、インパネ、リヤウインドウ、ルーフ」

新型S660の内装につきまして、他とは違ったシートを採用しています。それからインパネ周りにはスポーツカーを興奮させるシステムがいたるところに搭載されていますね。

  • シートの違い
  • スピードメーター、ディスプレイ

グレード「α」は運転席と助手席のシートの色が違う!

ポン君
「S660の車中って、どんな感じですかね?」
テンさん
「新型S660の内装デザインとして、無駄を削ぎ落としたタイトなコックピット。」

特にシート色が左右で異なる仕様を選ぶえるのがポイント。

スポーツ性能のために機能的なコクピットに仕上げられています。

ドアやメーターバイザーにはカーボン調のシボ加工を採用することで、オープンスポーツならではの上質さを表現。

S660の内装として、ベーシックモデルのグレード「β」は、単調なモノトーンの布シートでシンプルなコックピット。ちなみにボディカラーは3色のみの設定で、ブラックが基本となっています。

グレード「α」を選択すると、一気に内装デザインが変わります。

「α」のシートは革製(スポーツレザー)で、ボディ色にホンダらしいスポーツ性を感じさせるプレミアムスターホワイト・パール色が追加されます。しかも、しかも、運転席シートと助手席シートの色を異なるアシンメトリーからを選択することができるんですね!

たとえば、グレード「α」を選ぶと、運転席側シートをスポーツレザーシートのライトグレー、助手席側シートをダークグレーと、個性的な異なるシートカラーを採用することができるんですね!

高級感とともに、双方の色が違うってのも、これまた特徴的で飽きないはず!!

また、グレード「α」の革制は座席だけでなく、ハンドルやシフトノブも本皮製が採用されていますので、新型S660の内装は高級感が”グッ”と高まっているのがわかりますね◎

ちなみにですが、S660のハンドルは小気味に良いドライビングが楽しめるようにと、ホンダ最小径となるφ350mmを新開発し採用しています。

インパネ「デジタルスピードメーター、センターディスプレイ」

今回のフルモデルチェンジで新型となるS660のインパネは、運転席側にエンジンの回転数を示す指針式タコメーターが白く光り見やすく設定されています。このタコメーターの中央にデジタルのスピードメータが表示されおり、非常に速度が見やすい。

もちろん見やすいだけでなく、速度をデジタルで表示すると、スポーツカーらしさが凝縮され、凝縮感を同時に表現されているのが伝わってきますよね。

インパネ中央上部にセンターディスプレイが搭載されており、このディスプレイには加速Gメーターやを表示するなどの機能もありますアクセル開度、ブレーキ液圧などが表示されています。

表示 内容
Gメーター 加速度計
アクセル開度表示 アクセルペダルの踏み具合に連動
ブレーキ液圧 ブレーキ圧を表示する機能
ポン君
「なんか、それって意味あるんですかね?」
テンさん
「意味ありますよ!」

Gメーターやアクセルを表示するというのは、情報収集やスポーツカーの雰囲気を高めることができるので、マニアックにはたまりませんから!!!」

メーカーオプションになりますが、カーナビも設定できます。ナビには、スマートフォンと連携、専用アプリも用意されていますので、応用が聞きますし、リヤカメラの映像を表示することもできるために、後方視界をアシストしてくれますので、駐車ときにも便利。

3分割リヤウインドウ

運転席や助手席の中央に設置されているコンパクトなリヤウインドウは開け締め可能な電動タイプ。

運転席側ドアに設置されている開締ボタンを押してリヤウインドウを下げると、背後から風の音とともに聞こえてくるエンジンサウンドをダイレクトに味わうことができ、ドライブ気分を盛り上げる事ができますね◎

・・・ただし、リヤウインドウの開け締めは中央部だけで、両サイドのガラスが動かないのは少し寂しい・・・

S660布製はロールトップルーフ

フルモデルチェンジで誕生する新型S660は、車のジャンルとしてはオープンスポーツカー(2シーター)となります。
オープンカーのイメージとして、ボタンを”ポチッ”と押せば自動で上部のルーフが開閉する人が多いかと思います。

S660もオープンカーなので開閉します。しますが、自動ではなく、手動です。

そもそもS660は、「布製ロールトップルーフ」と名付けられた軽量なキャンバストップ。ボタンを押せば自動で開閉することはなく、人力的に中央と左右のロックを手で外し、巻いてくことで、に脱着することが可能。

自動と比較すると”メンドウ”っと思われかもしれませんが、S660のロールトップルーフは一人でも簡単に短時間で作業できますね。

新型S660のシートの乗り心地

ホンダ新型S660の乗り降りに問題はなく、車内の低い位置に設定されているシートに座ればスポーツカーの雰囲気を最大限に味わいながらも、体を包み込むような座り心地が贅沢を味あわせてくれます!

  • 乗り降り
  • スポーツ+贅沢なシート

座面シートの位置は低め

乗り降りについてですが、新型S660の両サイドステップの高さが350mmで座面シートの高さが380mmと、比較的低めなので、乗り降りに苦労をかけることはないかと思います。このような”低め”は、まさにスポーツカーというムードを感じさせてくれますね。

ただし、サイドステップや座面シートの位置は低めですが、シートの前方が高く、後ろに行くほど低く設計されているので、座った状態から立ち上がるのが少し違和感があるかもしれません。

また、ホンダS660のルーフをオープンにしているときは問題ないかもしれませんが、ルーフを閉めている時には、乗降時に頭上スペースの狭さを実感するかも、、、、

包み込むようなシート設計

新型S660の運転席や助手席の座り心地として、座面がおしりを深く沈み込ませてくれるようなシートなので、1時間や2時間ほど乗ったとしても痛みや疲れを感じさせない◎

また、おしりを乗せる前席シートの座面ポジションは低い目で、ペダルに足を投げ出すような形をとるために、自然に視線が低くなり、結果として古典的なスポーツカーらしいムードを味わうことができます。

しかしながら、S660のドライビングはスポーツカーだけが漂うわけではありません。

シートの設計として、ドライバーやパートナーの体をやさしく包み込むようにフィットしてくれますので、「スポーツカー+贅沢」な座り心地を一緒に味わうこともできますね!

新型S660のトランク(荷室)の広さは期待できない・・・

ポン君
「S660のトランクは、どれくらいの広さがありますかね~?」
テンさん
「ありません」
ポン君
「え?」
テンさん
「ありませんというか、ほとんど荷室はありません。」

一般的にトランク(荷室)は、クルマの一番うしろに設定されていますよね。しかしながら、新型S660の一番うしろは、スポーツカーを最大限に活かすためにオープン時のロールトップを収納するためのスペースに活用されています。

そのため、新型S660のトランクは後ではなく、前のフロントボンネット内部のほんの一部に設置されているんですね。

通常時トランクのスペース
高さ 100mm
奥行き 230mm
最小奥行き 100mm

ちょっと狭いですよね。

仮に、仮にですが、小さな荷物を積むとしても、ある程度は考えて積まなくてはいけません。トランク的に利用する際も、ラジエーターの熱がこもる場所であることに留意しておきたいところ。

なぜなら、「ライター、炭酸、ガス」などをフロントのスペースに詰めていると、破裂してしまう恐れがあるからです。そのため、積める際には十分に気をつけておきたいところ。

新型S660の新型車両価格「おすすめグレードはβ」

ポン君
「金額について質問ですが、はっきり言って、いかほど万円くらいするんですかね?」
テンさん
「新型S660の新車両価格につきましては、フルモデルチェンジ前と比較して、金額は変わっていませんね。」
グレード エンジン類 駆動方式 トランス
ミッション
新車両価格
β ターボ MR(ミッドシップ) CVT、
6速MT
1,980,720円
α 2,185,920円
モデューロX 2,850,120円
α特別仕様車「Trad Leather Edition」 2,275,560円

グレード「モデューロX」は、ホンダアクセスが手がける”オプションが全部そろっている”コンプリートカーであるグレード「モデューロX」が登場していますね。

レギュラーモデルに、オプションなどが全部揃っているので、「ナビ装着用スペシャルパッケージ」や「アクティブスポイラー」など専用装備が採用されています。

ただし、注意したいのが、基本的なエンジンやボディの変更はなく、最上級スポーツコンプリートカーゆえの当然のような新車両価格285万円からとなっていますね。

そんなことで無難な道を選ぶなら、価格の一番安い(と言っても約200万円)グレード「β」がおすすめで、この「β」は購入後に自分好みにカスタマイズしたい人向けで、アイテムもたくさん揃っています。

約20万円ほど高くなりますが、高級感が染み出してくるグレード「α」が本命でおすすめ!

「α」と「β」の外装やエンジン(ターボ)は同じですが、”ゴロッ”と変わってくるのが内装デザイン。

まず、「α」のハンドルやシフトノブ、そしてシートが革仕様となっています。この革シートについては、カラーを選ぶことができ、なんとも運転席と助手席の色を変えることができるんですね◎

また、スポーツカー仕様のS660にはうれしいトランスミッションの6MTが搭載されています。

ただし、「MTはめんどう、、、」「私はMT好きだけど、奥さんが嫌い・・・・」そんな人には、もう一つのトランスミッションであるCVTを選択すれば、ある程度は走りを楽しめる味付けになるはず。

新車両価格を見て選ぶよりも、自分にあったオプションやトランスミッションなどをしっかりと見てから、選びたいところですね。

新型S660の実燃費は14~24km/L

ホンダ新型S660はターボエンジンをベースに搭載されており、燃費はMTで21km/L、CVTで24km/Lとなっています。

新型S660はターボエンジン
6速MT 21.2km/L
CVT 24.2km/L

新型S660に搭載されているターボエンジンのトルクや出力の力のある働きで進み、車体の低さにで空力性能に優れ良好な燃費数値が確保されていますね。

しかし、この数値はJC08モード燃費で、実際に町中を運転してみると、約2~3割ほど下がります。

新型S660のスペックの燃費が21~24km/Lですが、実燃費のデータにつきまして「e燃費やみんカラ」などの記録を参考にし、表にまとめてみました。

新型S660の実燃費まとめ
走行地:実燃費(1Lあたり) 6速MT CVT
スペック燃費 21.2km/L 24.2km/L
高速道路 21.2km/L 23.4km/L
郊外路 15.6km/L 17.4km/L
市街地 14.7km/L 16.7km/L

新型S660を街なかで運転すると燃費の数値はJC08モードとはかなり変わってきますね。

S660のセンターディスプレイには燃費が表示されますが、高速で21~23km/L、街乗りで14~16km/Lくらいで走っている模様。

ちなみに、ホンダの会員制カーライフサポートサービスの「ホンダトータルケア」で満タン計測を使うと20.0km/Lというドライバーもいます。やはり運転の仕方や街乗りで大きく変わってくると思います。

S660が最初に発売されたのは2015年

2015年に発売された軽スポーツカーのホンダS660。実は2013年に発売予定だったんですよね。

S660はまっさらの状態から開発されたわけではなく、モデルとしては2シーターオープンスポーツカーのビートやフィットなどを題材に使われています。

ビート
  • 1991年から1998年に販売
  • オープン2シーターの軽自動車
フィット
  • 2001年から2019年(現在)も販売・製造中
  • ハッチバック型の小型乗用車

S660の販売・製造は2013年頃という情報が専門雑誌などに上がっていました。実際に、当時はビートの直系後継モデルを製作中として画像などもたびたび雑誌などで拝見することができていました。

そして、2013年に行われた第43回東京モーターショーで出品されたコンセプトカーを受け継ぐデザインとし、ホンダはフィットのプラットフォームをベースにしてS660(Honda S660 CONCEPT)を制作していると明らかにしました。

企画そのものは、本田技術研究所設立50周記念で、新商品企画の社内コンベべにおいて、約800件に及ぶ応募の中から選出され、「純粋にこういうクルマに乗りたいと思った」という若いLPLの案を元に開発されたんですね。

ちなみに、さきほどのフィットのプラットフォームは数多くの車種に使われているとされていますが、実際のところホンダ側は特別な言及はしていません。

話を戻しまして、最終的にS660が発売されるのは2013年の発表から2年後の2015年3月になります。

発売されるや大いに話題となり、当初は生産能力が「まったく追いつかないほど受注が殺到!

っというのも、発売1ヶ月前に660台限定のコンセプト版を発表したら、即座に完売で、4月中に通常版の販売を始めたが、注文は受けたとしても納車までに約1年待ちという状況が続いていたそうです。

しかし、一日の生産台数が40台しかないというニュースがあって正常に需要が満たされるには、かなりの時間がかかるであろうと予想される。

当初は、月販1000~1200台超ペースで推移していたそうですが、S660の生産を行っていた八千代工業の1日の生産台数が約30~40台数だったので、納車まで期間がかかっていたとのこと。

新型S660のまとめ

ポン君
「今どきスポーツカーは古い!ってな話を聞きますが、でも、そんなことないですよね~」
テンさん
「ないない!」

スポーツカーだからこそ味わえない、新型S660の直列3気筒DOHCターボエンジン660cc の高回転型トルクが痛快なスピードをはっきし、ルーフオープンで風とエンジン音を存分に楽しみたい!

「純粋にこういうクルマに乗りたいと思った!」そんな人に是非是非オススメしたいクルマ!
」と呼ばれる天井部分

ということで、今回は新型S660のお話でした。また、新しいスポーツカーの新情報があれば紹介したいと思います。