新型クラリティPHEVマイナーチェンジ最新情報2019年発売日

クラリティPHEVは、なんと行っても”圧倒のEV走行距離”そして操縦安定性と運転の楽しさがあります!

クラリティPHEVは、エンジンで充電して電気自動車として走れるんですよね!それだけでなく、もし電気自動車の電池が減ったとしても、ハイブリッドシステムによりエンジンを移動させてガソリンで走行することが可能なんです!しかも静かに快適に走行してくれるんですよね◎

そこで今回は新型クラリティphevのお話を少し深く掘り下げてお話をしていきたいと思います。

新型クラリティの車体の大きさはどれくらい?

ポン君
「新型クラリティの車体の大きさは、どんぐらいありますかねえ?」
「けっこう見た感じ、大きめだと思いますが」
テンさん
「ホンダ新型クラリティPHEVは、全長4915mm、全幅1875mm、全高1480mmというの車体サイズになっていますね」

もう少し詳しく記載するとこのようになります。

新型クラリティPHEV:ボディスペック
全長(前後の長さ) 4915mm
全幅(横幅の長さ) 1875mm
全高 1480mm
ホイールベース(前輪と後輪との距離) 2750mm
前トレッド(左右の車輪の中心間距) 1580mm
後トレッド 1585mm
車両重量 1850kg
駆動方式 FF
ポン君
「長さや幅を見ると”デカッ!”っと思うんですが、ぶっちゃけどうなんですかね?」
テンさん
「ホンダさんのセダンジャンルの中ではレジェンドの次の車チャイの大きさになりますね」
ホンダ セダン 車体の大きさ
全長 全幅 全高 重量
レジェンド 5030mm 1890mm 1480mm 1990kg
クラリテPHEV 4915mm 1875mm 1480mm 1850kg
インサイト 4675mm 1820mm 1410mm 1370kg
シビック セダン 4650mm 1800mm 1415mm 1300kg
グレイス 4450mm 1695mm 1475mm 1170kg

勝手なイメージで恐縮ですが”セダン=オヤジ”というイメージが頭の片隅にあったのですが、オヤジ車セダンと言っても、外装デザインやボディサイズでぜんぜん変わってきます!

ポン君
「あと、色、カラー!!」
テンさん
「そうそう◎」

レジェンドやインサイト、シビックのようにクラリテは4ドア車両で、ロー&ワイドなフォルムを強調し、堂々たる収穫も表現し未来型デザイン◎

また、車体後方に生じるセダン特有の空気の縦溝を手減するエアロ形状を採用し、風力力特性を再低下していますね。

新型クラリティPHEVのパワートレーン「直列4気筒+モーター」

新型クラリティPHEVには、1.5Lガソリンと2モーターハイブリッド「i-MMD」を組み合わせたプラグインハイブリッドになります。

ポン君
「なんでしたっけ、それ?プラなんとな?」
テンさん
「プラグインハイブリッドは、コンセントから差込みプラグを用いて直接バッテリーに充電できるタイプのハイブリッドのことになります」

あと、クラリティPHEVの”PHEV”の意味は、「Plug in Hybrid ca Electric Vehicl」

英語 意味
Plug プラグ、差し込み
Hybrid 組み合わせ
Electric Vehicl 電気
Car

「ホンダさんがここまでこだわったPHEVは無い」と言われるほど、クラリティに搭載されているエンジン+モーターは無いと言われています。

新型クラリティのハイブリッドV走行範囲の拡大と高効率化によりエンジン負荷が低減したことにより、エンジンの排気量が2.0Lから1・52にダウンサイズできたのが一つの特徴。

クラリティで走行すると感じてくるPHEVならではの穏やかなで静かなドライビング。「これは本当にモーターがグルグルと回っているのか?」っと何度か頭の中で疑問の思わせてくれるほど、静寂なんですよね。

そして静かにモーターを動かしつつ、滑らかで電動車ならではの力強くパワフル加速フィールを実現してくれます!本当に気持ち良い走りの高さを日常的に味わえます。

また、ハイブリットの走行時はもちろんですが、いざというときにはエンジンでも発電できる安心感を持ち合わせるのが利点。発電は約8%になるまで積極的にバッテリー充電を行なうハイブリッドモードが設定できます。

新型クラリティPHEV:パワートレインスペック
エンジン種類 直列4気筒+モーター
型式 i-MMD
最大トルク 184ps
モータートルク 315ps
最高出力 105ps
モーター出力 135ps
ハイブリッド最高速度 160km/h
総排気量 1496cc
駆動方式 FF

新型クラリティPHEVの価格は、ホンダの中でもやや高めに設定されているので、エンジンやモーターを上手く使い分けることでかなり節約できるはず!

そして、エンジンで走行してもハイブリッドのモーター同等に音や振動がまったく気にならないほど静かな走りに恐れいってしまいます。

走行モードには3つの種類がありまして、一つにスポーツモードが設定されているのですが、たしかに瞬発力が大幅に増しますが、なかなかエンジンが掛からないというデメリットがあります。

トヨタや日産、マツダなど各社がしのぎをけずる電動化車両において、現時点でのひとつの到達点を見せてくれたような気がする。

新型クラリティPHEVは最新の先進運転支援システムを採用

ホンダ新型クラリティPHEVには、先進安全運転支援システム「Honda SENSING」が搭載されています。

Honda SENSINGは、ミリ波レーダーと単眼カメラにより作動してくれる安全機能で、高齢運転者にとくに推奨される「セーフティ・サポートカーS」の「ベーシック+」が適合されています。

ベーシック+
  • 自動被害軽減ブレーキ(対車両)
  • ペダル踏み間違い時加速抑制装置

ミリ波レーダーと単眼カメラは、たとえば歩行者の自己低減ステアリングや誤発進抑制機免税抑制機能、渋滞追いかけ機能付きアダプティ・クルーズコントロールなど、高度な予防安全装備が備わっています。

先進安全装備「Honda SENSING」
衝突軽減ブレーキ
  • 対車両、対歩行者
安全運転支援機能
  • 前方断発信抑制、後方断発信抑制
  • 単独免税警報
  • 標識認識機能
  • 先行車発進お知らせ

 

新型クラリティPHEVのエクステリアデザイン

ホンダ新型クラリティPHEVの外装は、新世代を表現した最新のデザインが採用されています。

フロントの両サイドにはLEDヘッドライトが搭載されており、このライトは9灯式フルledヘッドライトで細かな光ですから、ノーマルより配光特性に優れている可能性があります。

あとは、リアにはフルLEDコンビネーションランプを組み合わせることで、先進性をプラスしているのがわかります。

また、空力に大きく関係してくるフロントに「エア・カーテン」が搭載されています。このエア・カーテンは、左右両端のエア・インテークから取り込まれた空気を高速でボデ内部のエンジンへと放出してくれるんです◎

実は、このフロントエア・カーテンはF1などの設定されているのですが、セダンに装備されるのはクラリティが初めてなんですよね◎

新型クラリティPHEVのボディカラーは全6色

新型クラリティPHEVのボディカラーには、ボディカラーは全6色を展開。

ホンダ新型クラリティPHEVのボディカラー
  • コバルトブルー・パール
  • プラチナホワイト・パール
  • プレミアムディープロッソ・パール
  • スーパープラチナ・メタリック
  • モダンスティール・メタリック
  • クリスタルブラック・パール

モノトーンの定番色として「クリスタルブラック、モダンスティール」加えて、次世代のクリーンカラーを表示する「コバルトブルー」があります。

つややかで品格アップなのが「プラチナホワイト、スーパープラチナメタリック、モダンスティールメタリック」なんといっても、品アクだけでなく価格もアップで4万3200円がプラスされます。

新型クラリティPHEVの最新インテリアの体験レビュー

インテリアのデザインは”高度な近代的”で、インパネ周りは開放的で操作性を考えているのがわかります。

インテリアデザイン

ホンダは最新のクラリティのインテリアデザインのコンセプトに「高度な近代的なラウンジ(待合室)」を掲げ、製造しています。

実際に内装を拝見すると、確かに”高度な近代的”を思わせるようなインパネやメーターなど工夫や空間の調和が表現されているのがわかります。“乗る人の感性に響く、心地よさに満ちあふれる”デザイン。

内装カラーは、「白色、黒色」の2種類の選択肢があり、素材はプライムスムースとウッド調パネルを採用されています。

プライムスムース レザー調の合成素材
ウッド 木目

2つともに、見た目はシンプルながらも、手先で触るとすぐに上質感が伝わってきます。

インパネ

新型クラリティPHEVのインパネについてですが、左右に広がるパネルを組み合わせたダッシュボードが斜め上に空間の広がっているために、非常に開放感を感じますね。

インパネ中央に設置されているナビは大型の8インチワイドディスプレイで、画面サイズも大きいために操作もしやすいはず!

このナビは標準装備されているのですが、装備はそれだけでなく「Honda インターナビ+リンクアップフリー+ETC車載器」など初期の段階から搭載済み。

ポン君
「なにそれ?Honda インターナビってなに?」
テンさん
「こちらは、簡単に言えば車情報ですね」

ホンダ独自のカーライフ情報を提供してくれるのですが、たとえば、ルート案内、防災情報、到着予想時間などをナビで拝見することができます。
https://www.honda.co.jp/internavi/

また、クラリティPHEVに最初から設置されているナビは、こちらとちゃんとこちらのスマートフォンが連携できるシステム「CarPlay(アップル)やAuto(グーグル)にもしっかりと対応していますね。そのために、スマートフォンに登録している音楽なども、クラリティのスピーカーで流すことも可能!!

あと、ナビではエアコンの風量調節も行うことができます。たとえば、パネル内の「climate(気候)」のボタンを押すと画面に表示され、タッチパネルで、風量の調節やインパネや後部座席のエアコン吹き出しからのon&offなども操作が可能なんですね!

インパネ中央下部に設置されているシフトセレクターの使いやすさを存分に考えセンターコンソールによって、足先は左右の背パレード感が強いのがわかります。

センターコンソールには、ATのシフトレバー(シフトセレクター)が設置されているのですが、歯車の組み合わせを切り替える操作レバー一般的ですが、クラリティはボタン式が採用されています。なれると使いやすくなるはず。

前方の3つは走行モード切替、後方は電動パーキングブレーキ、

Cピラーの後部座席斜め後ろの窓に内蔵された小さな小さな窓が以外に役割を果たしてくれます。この窓は、運転席から駐車するとき後ろを見るさいに意外に便利。

またさらに駐車時に便利なのが助手席側のドアミラーに設置されているカメラ「レーンウォッチ」が実に便利。

このシステムは、助手席側の斜め左後方の死角部分をナビ画面にくっきりと移してくれるんですね。そのために、バックするときや駐車する時に実用的になるはず◎

メーター

新型クラリティPHEVの運転席前に設置されているメーターは、
フルデジタル式のデザインで、先進性をアピール知ているのがわかります。

ただし、フルデジタルですが、表示されるメーターの内容はいたってシンプルです。

中央に大きく描かれている数字は速度計で、その速度計の外回りにハイブリッドシステムの出力、回生状態を示すエネルギーメーターで、内側はマルチディスプレイを採用。

デザインはシンプルですが、このシンプルがゆえにはっきりとして見やすい!

新型クラリティPHEVの前席や後部座席の乗り心地は快適!

新型クラリティPHEVはクラスのセダンに求められる居住性と高級車としても通用する上質な雰囲気を見せる室内空間はさすが!PHEVということで、後部座席下には、バッテリーが積まれているのですが、そんなことを気づかせない居住性を確保してくれています!

最新クラリティphevの運転席や助手席のシートに関してですが、
Aピラーの角度が低いために、多少は乗り降りに負担をかけてしまうかもしれませんが、、、、これがまたクーペ的な感覚でデザイン的にはかっこいいんですよね!パネ上部は低く、みバラシは良好。

一般的なセダンに比べると、シートの高さは、比較的高め。

このシートの高さが乗るときや降りるときに恵みを受けて、脚を上げる時に負担を掛けることはない。そして、室内のシートの着座位置は少し高い文だけ座ったり立ったりするときの姿勢感覚が少なく住むのが良いですね。

そして、お尻を乗せる着座感覚は、けっして堅いわけでもなく沈みが少なくタイトな印象を受けます。長い時間をかけて座ったわけではないためなんとも言えませんが、あまり長距離には向いていなような気がしました。

後部座席のシートの高さは、やや高めですね。

ポン君
「高めって、どれくらい高めなのよ~」
「さっきも前席のところで”シートの高さは、比較的高め”って言ってたけど、実際はどれぐらいなのよ~」
テンさん
「確かに」
まずですが、クラリティの最低地上高の高さが135mmで、前席ドアの位置に設定されているステップが375mm、シート高さが590mmとなっています。そして、後部ドアのステップ高が380mm、シート高さ620mmとなっています。

クラリティの高さ
最低地上高の高さ 135mm
前席ドア
ステップ 375mm
シート 590mm
後席ドア
ステップ 380mm
シート 620mm
ポン君
「なぁ~るほど。」
「前ドアに比べて、後ドアのほうがステップの位置やシートの座るところが、微妙に高いんですね」
テンさん
「そうなりますね。」
後部座席位置が高いのは、ハイブリット特有の燃料電池が設置されているからですね。そのために、後部座席床下の燃料電池があり一般的なセダンに比べると床が高めに設定されています。

そのために、後席ドアの方が乗り降りに多少の違和感を感じてしまいます。

あと、前ドアと後ドアの間に設置されている柱(Bピラー)と、座面先端の感覚が低いため、足の出し入れに多少の違和感を感じるかもしれませんね。ただし、いざ車内に入り座面に座ると問題なし。カカトの収まりも問題ないですし、現在のところホンダ車の中で後席の乗り心地が最も良いのはクラリティorレジェンドだと思ってもいいかも。

後部座席シートは3人掛けでもゆったりと座れるほどの横や足元の広さがあります。ただ、1~2人で中央に人が座らないときは、センター部分に設置されているセンターアムレスを活用すれば、肘を乗せることができるため、よりゆったりと座ることができますね。

新型クラリティphevラゲッジルームのサイズ

ちかごろは国産や欧米の車でSUVが人気でセダンが嫌われていますよね?その理由の一つのラゲッジルームが関係してるんですよね。だけど、新型クラリティのラゲッジルームは、嫌われるほど、問題になるほど狭いわけではありません。

まず、ラゲッジルームのサイズにつきましては、セダンの中でも広い奥行きとなっていますね。

一般的にセダンのラゲッジルームの高さは床から天井まで450mm~500mmが基本とされています。しかしながら、クラリティphevは610mmもあります!

そのために、けっこうな高さのある荷物などが詰め込むことができますよね。

通常時ラゲッジルームの広さ
高さ 610mm
横幅 1330mm
奥行き 1100mm

横幅と奥行きが広いために、ラクラクに4~5人分の9.0型ゴルフバッグ(47インチ)を載せる事ができますね。

クラリティphevのラゲッジルームは単純に”高さがある””奥行きがある”ということだけでなく、トランクスルーが使えるのも大きなメリット。

トランクスルーとは、後部座席の背もたれを前に倒すのではなく、背もたれの1ヶ所を前方に倒す機能です。昔よく描かれていた、トランクが車体後部に突き出ているセダン。この機能により、横や縦のスペースはそこまで期待はできませんが、奥行きは広く約2倍の広さ(2035mm)になります。

2000mm以上の長尺物の収納を可能にしてくれるトランクスルー機構を備えてくれるのはウレシイですよね。

新型クラリティPHEVの車両価格は5,886,000円

ポン君
「新発売で買う場合、どれくらいの値段で販売されてるんですかね?」
テンさん
「クラリティPHEVにはグレードは1つだけで、このグレード”EX”のプライスが5,886,000円です」
ポン君
「ウソでしょ?マジでタケなぁー!」
「ちゅうう、もうすぐで600万円台に突入するじゃん」
テンさん
「確かに価格的に見ると高め↑」

ホンダのラインナップを覗いてみると、一番価格が高いのが「レジェンド」で707万円で、その次にくるのがクラリティPHEVの588万円となっていますので、それだけ高いというのがわかります。

ただし、価格的には確かに高いんですが、それなりに充実した機能が設置されているのですよね◎

先程もお話したように、グレードは「EX」の1つだけで、駆動方式もFFだけ、トランスミッションも電気式無能変速機となります。

シートは本皮素材で、上質なミドルパッドや、ぬくもり感のあるウッド調を採用。

標準装備としては、フルオートエアコン、ナビ(Hondaインターナビ、リンクアップフリー)、先進安全装備のHonda SENSING、それから9灯式のフルLEDヘッドランプなど標準装備。というよりも、メーカーオプションの設定はありません。

新型クラリティのJC08モードは28.0km/L、WLTCモードは24.2km/L

ポン君
「クラリティPHEVの実燃費は、低燃費?高燃費?どっち?」
テンさん
「やはり低燃費ですね!」
クラリティPHEVにはさまざまな魅力がありますが、その中でも燃費が高いところ!

新型クラリティPHEVには燃費向上技術が期待でき、JC08モードで28.0km/Lという数字に仕上がっています。

ポン君
「あ、でも、実燃費とやらで、”ガクン”と下がるんでしょ?」
テンさん
「確かに」
JC08モードなどに表示されているカタログ燃費とはことなり、実際に道路で走ると2~3割は燃費の数字が下がると言われています。しかしながら、実燃費に近い最新規格WLTCモードでも「24.2km/L」という高い数字を表示しています。

クラリティPHEVの車両重量は1850kgとセダンの中でもかなり重めを背負いながら、驚きの燃費数値だと言えるはず!

低燃費の理由については、やはりEV走行可能など2モーター式が大きく関係していると思います。ただ、それだけでなくエコ走行のお手伝いをしてくれる機能だったり、メーターになアクセル開度を表示など、細かく設定されているのも低燃費につながっているはず!

通常に走行しているときは、さらに充電された電気をメインに利用するもでき、これまた低コストで走行することができるのも嬉しい機能!

新型PHEVクラリティの発売日は一体いつか?

本田が2016年3月10日に発売したのは、外部から燃料としての水素と酸化剤を供給するクラリティ フューエル セル(CLARITY FUEL CELL)です。

そして、PHEVであるプラグインのハイブリッドカーのクラリティを
7月19日、日本での発売を予告。そして次の日の7月20日から発売を開始しました。

販売については、リース販売形式だったアコードプラグインハイブリッドと異なり、全国のHonda Cars店で販売されています。

新型クラリティPHEVのさいごに

一環として、日本でもFCV(CLARITY FUEL CELL)をリース販売していたクラリティ。

北アメリカでは、すでにFCV、PHEV、ハイブリッドの3種類を加え次世代パワートレーンを搭載し販売していました。そして、わが日本に2018年夏にPHEVが導入される運びとなったんですよね。

いかがでしたでしょうか?

ちょっと記事内容が長かったために、もう一度今回の内容のお話、を簡単にサクッとふりかえるとこのようになってましたね。

  1. 車体の大きさ
  2. パワートレーン
  3. 先進運転支援
  4. エクステリ
  5. ボディカラー
  6. インテリア
  7. 乗り心地
  8. ラゲッジルーム
  9. 車両価格
  10. 燃費
  11. 発売日

ホンダはアコードPHEVのリース販売を行なった実績もあるが、北米ではFCV、PHEV、ハイブリッドの3種類ですが、日本の特性として現在のところPHEVのみとされています。

ただし、ホンダは2030年を目処にSUVや四輪車の3分の2を電動化することを目指していると公言しています。そのためクラリティをPHEVをさらに進化させつつも、2モーターハイブリッドシステムだけの搭載を行うかもしれませんね。