ウェイク新型のサイズ「ボディ、室内、トランク」

軽自動車なのに”デカ”さが自慢なのがダイハツのウェイク
室内の高さならばコレにお任せ!スーパーハイトワゴン

同社のタントよりも背が高いために車内も広さにつながり、乗り心地の良さ、詰め物の便利さ、そしてレジャーなどに活用にもつながるんですね!

ほんとちょっとしたことなんですが、助手席を前に倒しテーブルとして使えたり、逆に後ろ側に倒すとリクライニングとなるし、後席の背もたれは前側に倒し、専用の荷室用デッキボードにも使えるんですね!
釣りやキャンプ、車中泊などにおすすめなんですよ!だけども、それがゆえにデメリットもあります・・・ということで、

っということで、今回は新型ウェイクのメリットやデメリットなどのお話をしていきたいと思います。

ウェイク新型のボディサイズのスペック「車高が高いメリットとデメリット」

ポン君
「ウェイクのボディサイズってどれくらいなの?」
「何度か街中で走っているのを見たことあるんですが、背が高いな~とは思うんですが、実際問題どれくらいなのかな~っと思っちゃって」
テンさん
ご存知のかたも多いかと思いますが新型ウェイクの車種は軽自動車

こちらの軽自動車サイズは規格により決まっていますが、現在販売中の軽自動車にもそれぞれ大きさは違ういますが、新型ウェイクの”全長、車幅”については軽自動車の最大寸法に対してギリギリまで設定されていますね。

新型ウェイク:ボディサイズスペック
全長 3395mm
全幅 1475mm
全高 1835mm
ホイールベース 2455mm
前トレッド 1305mm
後トレッド 1295mm
車両重量 990kg
駆動方式 FF、4WD
軽自動車ボディサイズ規約
全長 3400mm以下
全幅 1480mm以下
全高  2000mm以下

軽自動車のボディサイズ規約に対して、新型ウェイクの全長と全幅がギリギリ寸法なのがわかりますね。寸法ギリギリのために、イメージとしては、ドライブが難しいように思うかもしれませんが、そんなことはなくコンパクトで小回りが利くのが特徴的!

そして注目ポイントが新型ウェイクの全高が1835mmという数字で、この数字は非常に高いサイズ。車高が高いことで、やはり視界が広くなりつつ、運転のしやすさが挙げられます。まだ、ドライバーの死角が生まれにくくなることも大きいんですよね。

それから、重心位置が高まることにより、ウェイクに積まれているエンジンの特性をおしみなく損なうことなく最大限まで発揮してくれます!

ライバル   全高
ダイハツ ウェイク 1835mm
ホンダ N-BOX 1790mm
スズキ スペーシア 1785mm
ダイハツ ウェイク 1750mm
日産 デイズ 1620mm
ダイハツ タント 1630mm
スズキ ウェイク 1525mm
スズキ アルト 1500mm

同社タントより85mm(マグカップの高さが約85~90mm)も高めに設定されています。

しかも車高だけでなく、車内の室内高にも余裕があり、同じハイトワゴンに属するウェイクを90mmも上回る1455mmなので、車内の開放感が高いのは心地よく運転することができるはず。

ウェイクは室内のサイズが自慢!

それからウェイクの室内サイズにつきましては、現段階で車種の軽自動車の室内の高さで誇るんですよね!

軽自動車の室内サイズトップクラス(室内高)
室内長 室内幅 室内高
ダイハツ ウェイク 2215mm 1345mm 1455mm
マツダスクラム 2240mm 1355mm 1420mm
スバル タウンボックス 2240mm 1355mm 1420mm
スバル eK スペース 2235mm 1320mm 1400mm
スズキ ワゴンR 2450mm 1355 mm 1265mm
マツダ フレア 2450mm 1355mm 1265mm

室内サイズは数値が大きければ多いほど空間が広くなり、乗り心地の評価が高くなります。

室内の長さはスズキワゴンRやマツダフレアに負けますが、高さはウェイクに軍配。でまずフロントから見える視界がスッキリで見通しが良いんですよね◎なので、ドライビングも文句のつけようがないんですよね◎そのために違和感がないために長期間乗ったとしてもストレスがたまらないんですよね!

また、荷物をたくさん詰めたり、大人でも楽に車内で着替えることができます!

車高が高いことで車両重量が1000kg・・・・

ただしウェイクのボディサイズの車高が高いのはメリットだけでなく、デメリットもあります。

ボディの柱を高く設定するために、、その分の車両重量が加算されてしまいます。結果的に、新型ウェイクの平均的重量が約1000kgあり、軽自動車としても少し重めに設定されています。

たとえば、ライバル軽自動車のスズキアルトの車両重量が約600kgなので、新型ウェイが重めなのがわかりますよね。結果的に重さが関係して、高燃費などにも影響してしまいます・・・

また、全高は1835mmと非常に高いために、走行安定性を確保するために操舵に対する反応も鈍くなってしまう恐れも出てきます・・・。たとえば、真っすぐ進んでいるときは問題ないのですが、カープを曲がるときや車線を変える時に、後輪が確実に接地するため、不安定な状態に陥りやすいんですよね・・・。

乗り降り

軽スーパーハイトワゴンの中でもひときわ高い車高の1800mmを超えるウェイク!この高い車高が当然のように乗り降りの良さにもつながってきます。

床と開口部の天地高さがしっかりと確保されているために、乗り降り姿勢の自由度が高いのがかなりのメリット。身長にもよりますが、160cm前後の方なら、頭や腰をかがまなくてもスムーズに乗降が可能なんですよね!これもまた当たり前のようなことなんですけどメリットですよね!

最低地上高 140mm
前ステップ高 320mm
前受取席シート高 740mm
後 ステップ高 370mm
後 シート高 740mm

ウェイク新型のトランクスペースサイズ

新型ウェイクのトランクスペースは、アイデアがふんだんに盛り込まれているのがわかります!

ウェイクのウリの一つである室内のサイズに余裕があり、やはり車高の高さが物語っていますね。この車高の天井の高さをうまく利用してボックス状の荷室を作ることが可能。

トランクスペースの広さについては、後部座席を倒していない状態で、奥行きが320mmです。

通常時トランクのスペース
高さ 1140mm
横幅 875mm
奥行き 320mm

ただ、後部座席スライドにより奥行き450mmまで拡大できますので、ぎりぎり前にスライドすれば、さらに奥行きが広がり、荷物などを乗せることができます。

荷物については、ライバルの軽自動車では詰め込むことのできない背の高い自転車もラクラク詰め込めるくらい余裕のあるサイズ設計となっていますね。

自転車のサイズ
高さ 長さ
マウンテンバイク 約900mm 約1800mm
ママチャリ 約1200mm 約1900mm

自転車(ママチャリ)の中で一番主なタイヤサイズである26~27インチの自転車が軽自動車に乗せることができるのは心強いですよね!

ポン君
「てかてか、車の中に自転車を乗せることってありますかね?」
テンさん
「ありますよ!」

たとえば、自転車で公園に遊びに行っていた子供が突然の雨で土砂降りになって困ったとき、広い広いウェイクならすぐに向かいに行くことができますよね!あとは、サイクリング等、自転車を積みたい時は結構あるものですよね!

そして、後部座席の背もたれを前に倒すと、さらにさらに広くなります。

後部座席格納時の奥行きスペース
高さ 1140mm
横幅 875mm
奥行き 1450mm

後部座席を床下に鎮めることができるので、格納時はほぼフラットなフロアが完成するのも見事。

人間が横になるほどの奥行きの広さではありません。しかし助手席の背もたれが前方に倒すとことができるため、結果的に奥行きが約1600~1750mmほど確保できるので、ギリギリですが私たち人間が横になり一夜を過ごす車中泊も最低なはず。

ウェイク新型のお話まとめ

っということで今回のページでは新型ウェイクの”サイズ”である「ボディ」などについて”サクッ”とですがお話をしてみました。

ライバル軽自動車のウェイクは車高が高いために、車内にいても圧迫感がなく、天井部分や後部座席に荷物を積めることができますね。ただし、車高が高い分、それだけ積載量が重くなり、エンジンに負担がかかり燃費が高めとなってします。

そのために、購入を考えている場合などは、しっかりと考えてから選びたいところ。

また、次期ウェイクがフルモデルチェンジを行い2019年9月に登場思想な勢いです!チェックしておきたいところ。

っということで、新型ウェイクのお話はここまで。モデルチェンジ等最新情報が入り次第アップデートしたいと思います。