新型ムーヴキャンバスの安全装備、ボディスペック、乗り心地

角を丸めた箱型が男性よりもどちらかと言うと女性が喜ぶデザインの可愛らしさ!それがダイハツのムーヴキャンパス!

フォルムに両側スライドをセットした機能が便利さを高めてくれますよね◎

”今どき”っというのは少し失礼ながらも、エンジンは自然吸気だけなんですが、このエンジンが低回転で、実用トルクが街なかを快適に進んでくれるので十分!

そんなムーヴキャンパスの最新情報として、マイナーチェンジのお知らせです!

マイナーチェンジでは、安全装備の「スマートアシストⅢ」を標準装備

ということで、今回のクルマ最新情報としてはダイハツのムーヴキャンパスのマイナーチェンジのお話をしつつ、それだけだったらお話がすぐに終わるために、それ以外にも気になる部分なども説明したいと思います。

軽自動車の市場構成で多くを占めるダイハツのムーヴシリーズ「ムーヴキャンバス」

ポン君
「そもそもなんですが、ムーヴのキャンパスってなんですか?」
「なんだか、ダイハツは、とくにムーヴはどれも一緒じゃないの?」
テンさん
「いやいや違いますよ!」

たとえば、ダイハツ主力軽自動車のラインナップを紹介してみると、車高の低い順から、「ミライース → ムーヴ → タント→ ウェイク」となっていますよね。

これだけの軽自動車があるのなら「別にムーヴ(ムーヴキャンパス)いらないんじゃないの?」っと思われるごく一部の人もいるかも。しかしながら、ムーヴ(のウリとしては、ダイハツ軽自動車の主力とは別の路線を考えており、外装内装を「女性向け」に標榜する派生車種を用意してるんですね。

エクステリアやインテリアのデザインは、女性が「あ~、可愛らしいなぁ~」っと何度も思わせるように考えられています。

そして、運転や座りやすさ、また荷物などを設置しやすい便利機能にもこだわっていますね。

新型ムーブキャンパスの安全装備「スマートアシストⅢ、カメラ、オートハイビーム」

今回のムーブキャンパスのマイナーチェンジにより、「スマートアシストⅢ」が搭載されています。

スマートアシストⅢとは、簡単に言えば先進安全機能のことで、今回のマイナーチェンジで、全種に装備されています。

スマートアシストⅢ
  • 衝突回避支援ブレーキ機能
  • 誤発進抑制制御機能
  • 車線逸脱警報機能
  • 先行者発進お知らせ機能
  • オートハイビーム

もっともスマートアシストⅢのアップデートや全種装備は、ムーブキャンパスだけ特別扱いされているわけでなく、ダイハツ乗用軽は原則として安全機能は常に最新仕様で統一されています。

この点はダイハツを評価すべきで、ユーザーのことを考えているのがわかりますね。

ポン君
「結局何なんですか?スマートアシストⅢって?」
テンさん
「要するにスマートアシストⅢは、事故を未然に防いでくれわけで、運転手に対して”ブザーやライト”で知らせたり、自動ブレーキをかけてくれるんですね!」
このような対向車や歩行者、障害物に”ドッン”っとブツカラないように、こっそりと検知してくれるのが専用の小型カメラなんですね。

小型のステレオカメラ

新型ムーヴキャンパスのフロントガラスの上部に、小型のステレオカメラがこっそりと搭載されています。

小型ステレオカメラには、2つの感覚で搭載されており、役割としては、前方の車両や歩行者との幅や速度域を検知し、安全装備システムの衝突被害軽減ブレーキを役立ててくれるんですね。

ブレーキの作動条件としては、耐車両が約4~約80km/h、対歩行者が約4~約50km/で作動してくれます。

ちなみに、小型ステレオカメラは日立オートモティブシステムズ製です。

オートハイビーム「AFS」Bi-Angle LEDヘッドランプ

新型ムーブキャンパスに搭載されるカーブなど進行方向を照らすAFSが便利!

まずAFSの意味としては、英語の頭持ちを取った言葉です。

Adaptive Front Lighting System アダプティブ フロントライティング システム

そしてAFSについてですが、こちらは自動車のヘッドライトの構造の一種でクルマの操作に合わせて、前方のヘッドライトの左右上下の向きを変える便利なシステムになります。

たとえば、夜の暗い道でカーブを曲がろうとした時に、直線ではなくカーブの曲がる位置をヘッドライトが照らしてくれるんですね。

暗い夜間走行の視認性を確保しやすくしてくれます。

新型ムーヴキャンパスに搭載予定のAFSは「Bi-Angle LEDヘッドランプ」で、このランプは1灯の光源ながらハイビームとロービームを切り替えてくれるヘッドランプなんですね。

新型ムーヴキャンバスのボディの寸法はどれくらい?

ダイハツ新型ムーヴキャンバスのボディの寸法についてですが、現行モデルと比較して「全長、全幅、全高」に大きな変化はありません。

新型ムーヴキャンバス:ボディスペック
全長(前後の長さ) 3395mm
全幅(横幅の長さ) 1475mm
全高 1655mm
ホイールベース(前輪と後輪との距離) 2425mm
前トレッド(左右の車輪の中心間距) 1290mm
後トレッド 1290mm
車両重量 810kg

ムーヴキャンバスのボディの大部分は、同社ムーヴ6代目(2014年発売)より譲り受けたプラットフォームから構築された5ドアボディのトールタイプ。

しかしながら、ムーヴと比べて「全長、全幅」は同じ寸法ながらも「全高が+25mm」に設定されていますね。

ムーヴキャンバス初代 ムーヴ6代目
全長 3395mm 3395mm
全幅 1475mm 1475mm
全高 1655mm 1630mm

なんだか”ムーヴキャンバス”は”ムーヴ”よりも全高が高いために、軽自動車の中でも高い方に見えてしまうかもしれませんが、実際は低い方に入りますね。

同社タントやホンダN-BOXと違って、全高が1700mmを超えていません。

N-BOX タント ムーヴキャンバス ムーヴ
全長 3395mm
全幅 3395mm
全高 1790mm 1750mm 1655mm 1630mm

天井の高さは同社ムーブやスズキワゴンRに近いハイトワゴンにカテゴライズされていますね。

1600mmm台というムーヴキャンバスの全高値は、ハイトワゴンの中では平均的な数値で、この高さがある意味ではダイハツがキャンバスをムーヴ一族と定義する最大の理由でもあります。

っというのも、現在のハイトワゴン軽の全高に、ドア(後ドア)がスイング式がお約束となっています。
「ハイトワゴンの全高+スライドドア」

この組み合わせが”良いか、悪いか”は別として、現在のハイトワゴン軽系の定番スタイルになっていますね。

新型ムーヴキャンバスの自然吸気エンジン(TOP AZ)

ダイハツ新型ムーヴキャンバスのエンジンについてですが、ターボやハイブリッドは対応しておらず、自然吸気のみの搭載になります。

自然吸気の「3気筒12バルブ660㏄エンジン」の「TOP AZ NEO(トパーズ ネオ)」。

エンジン名がカッコいい!名前は製造社のダイハツが考えたとされる造語で「TOP AZ」の「A to Z」の英語の「AからZ」までTopを目指すという意味らしい・・・?エンジンの「出力・環境性能・燃費」でトップを目指す!っという意味らしいです。

自然吸気(TOP AZ NEO)の最大トルクは6.1kg・mで最大出力が◎と、軽自動車の中ではかなり控えめですが、発生回転数は5200rpmと高め。

ハイトワゴン類でムーヴキャンバスの重量は比較的重めで、売れ筋グレードで重量が約920kgに達するため、この自然吸気エンジンのトルクだと不安で、特に上り坂では動力性能が不足するかもしれませんね。

一人で運転をしてゆるい上り坂なら問題はないかもしれませんが、助手席や後部座席に人を載せた状態で、坂を登ろうとすると結構辛い運転に鳴るかも、、、

生活圏内に坂道が多いユーザーは、不満を感じないか確認しておきたい。

ポン君
「なんかそれってやばいんじゃないの、、、どんな道でも坂はあるでしょ、、、」
テンさん
「あっ、ただし、トルク力は弱いものの、ムーヴキャンバスにはダイハツ特性の無段変速機(CVT)が設置されています」
このCVTとは、簡単に言えば、手動で行うレバーのMT(マニュアル・ミッション)ではなく自動で行ってくれるレバーで、実はこのレバーのおかげもあってエンジンの機能を高めて、実際の動力性能はスペックから想像するよりもずいぶんと小気味が良い可能性があります!(あくまでも可能性・・・)

新型ムーヴキャンバスは、軽自動車ゆえのコンパクトがウリの一つで、最小回転半径が4・4mなので、運転もしやすいはず。この運転がしやすいことをうまく生かし、フットワークを街乗りでの快適性を最優先にしたとおぼしき柔らかさが十分に生かせるはず!

新型ムーヴキャンバスのボディの全高・車重は、同社ムーヴよりは高くて重いために、結果的に走りにマイナス要因となってしまう。ですが、そこだけを見るのではなく、同社タントよりは低く軽いわけで、自然吸気エンジンでもトータル的に見でけっしてめちゃ走りやすい!!っとまでは言えませんが、悪い走りはしないはず!!

ムーヴキャンパスのエクステリア デザイン「フロント、リアが変わった!」

機能的なボックスシェイプでありながら巧みに丸味を盛り込んだ全体デザイン、
険しすぎない顔付き、柔らかいパステル調を基本としたボディカラー(2トーンもあり)など、どこから観察しても、しっかり女性ユーザーに照準を合わせた仕立て。

キャンバスは完全に女性向けの商品企画だが、レトロ風味のデザインに2トーンカラー塗装のクオリティには感心するし、リヤシートを荷室に見立てたときの使い勝手は目からウロコ。

さらにハイトワゴンの背丈にスライドドアという組み合わせによる実用性と走りのバランスも非常に良く、意外に好事家の男性にも好適と思われる。

直接的な競合他車がないことが不思議なくらいである。

ムーヴキャンパスの内装(インテリア)「インパネ、ナビ

新型ムーヴキャンパスのインテリアつきまして、
現行モデルから登場しているメーターやオプションナビが取り入れられていますね。

  • インパネ
  • メモリーナビ
  • 便利なサービス

インパネ周りや

ダイハツ新型ムーヴキャンバスの内装デザインですが、外観にあわせた巧みに丸味を盛り込んだ全体デザイン。

それから、車内のインパネの周辺の作りが非常に丁寧。特に色彩の穏やかな仕様が選べるのはウレシイところ。

インパネの上部の色はネイビーと決められていますが、助手席前のダッシュボードは色を選ぶことができます。基本的にカラーはベージュですが、他にメイクアップ系、ミストピンク、マイルドモカと3色の選択肢があります。

新型ムーヴキャンパスのインパネデザインについてですが、ど真ん中のセンターレイアウトに「燃料、速度、回転計」の半円状メーターが設置されています。けっこう大きなメーターのスイッチ類の操作性や確認もしやすいためグッド◎前方の車両感覚はつかみやすいはず。

メモリーナビ

オプションになりますが、センターレイアウトの下側に大きなメモリーナビを設置することも可能。

やはり「ナビ付き、ナビ無し」では、運転走行は大きく変わるもの。たしかに、”ナビ無し”だと道を覚えないというのもあるかもしれませんが、”ナビ付き”だと、ずいぶん楽な運転が可能。っというか、「道を覚える必要あるの?」ってな考えになるはず!!

新型ムーヴキャンパスの車種専用の8インチメモリーナビが設置されるために、かなり大きな画面が期待できますし、開放的なデザインは視界が広く、エンジンフードも全面的に見えるので、操作もスームズにできるはず。

また、メモリーナビには「音の匠」と命名されたプリセットが設置されており、こちらでは車両に最適化された3モードの音楽を楽しむことができます。

3つのモード
  • サウンドに近い音を再現
  • メリハリのある音楽を楽しめる
  • 音楽を聴きながら車内での会話が楽しめる

当たり前のようであると便利なサービス

今となっては当たり前のように設置されているペットボトルを置く場所で、新型ムーヴキャンパスにも当然のように、運転席と助手席前のエアコン吹出口の下部にプッシュオープンタイプで設置されています。

エアコン吹出口の前に飲み物を置くと、保温保存に期待できますね。

また、インパネの下の凹んだ部分にこっそりと500mlのペットボトルが2本ほど収めることも可能。

それから、助手席の下部分に予備の靴などを入れておくことができる大型シートアンダートレーが設置されています。この大型トレーは、ものを入れるための役割だけでなく、他にも助手席の前後のスライドレバーをロックする役割も果たすんですね。

新型ムーヴキャンパスの乗り心地「乗降・前席・後部座席」

テンさん
「新型ムーヴキャンパスのシートの乗り心地は、前席がベンチシートながら座りやすいように工夫され、後部座席は足回りが広い!」
  • 乗り降りスムーズ
  • 座り心地の高いベンチシート
  • 座り心地はイマイチの後部座席

ステップが高い?天井が低い?結果手にき乗り降りが困難・・・

新型ムーヴキャンパスの前ドア(フロントドア)は、羽根のように開くごく一般的なドアのスイング式のため、開口部が広く設定されています。

そして、前ドアのサイドステップ位置の高さや天井位置には余裕があるために、身長が175cm以内の人はスームズに乗り降りが可能なはず。

前 ステップ高さ 320mm
前 シートの高さ 660mm
全高 1655mm

キャンバスの後部座席のドア(リヤドア)は、横に開くタイプのスライ式が採用されています。

同社ムーブと比べると、リヤドアは同じスライ式ですが、ステップや座面は高めとなっています。特にムーヴキャンパスの後側に乗り込むときは、「足元のステップが高く、天井が低く、シートの座面が高い」このような構造のために、結果として乗り降りが辛いという判定がくだされるかもしれませんね。

後 ステップ高さ 365mm
後 シートの高さ 590mm

ただ、高さを感じるのはあくまでもムーヴと比較した場合で、基本的に軽自動車の中では高くもなく低くもない位置。

運転席と助手席は座面にへこみのあるベンチシート

新型ムーヴキャンパスの前席のシートは、運転席と助手席がくっつきベンチシートになります。

ベンチシートになるため、当然のように制御盤のセンターコンソールは設定されず、シフトレバーなどはインパネ中央に設置されます。

運転席と助手席の座面部分がくっついた状態になるベンチシートは、広々と々とした空間を体感することができます。

また、ベンチシートの座面は一般的に平が一般的ですが、ムーヴキャンパスの運転席側の座面に左右の盛り上がっている部分があり、お尻をうまくキャッチしてくれるために、負担がかかりにくい構造になっていますね。

つまり、長い時間にわたり運転をしたとしても、お尻に負担がかかりにくくなるはず!このようなちょっとしたユーザー心を考えたデザインはウレシイ!

あと、シートリフターも装備し、ノーズ位置は把握しやすい。

後部座席のシートの座面の座り心地はイマイチ

改めていうまでもなないかもしれませんが、ムーヴキャンパスの後席の広さは申し分ありませんね。

後部座席に座った状態で、前後方向の広さだけでなく、見上げて天井が遠いことも見逃せない!

ただ、後部座席のシートの座面の座り心地はイマイチかと・・・これは座面下のスライドが原因かもしれませんね。

後部座席には、前後に移動できるスライドが設置されており、この前後スライドは240mmも移動が可能です。

しかも、後部座席全体を前後に移動させるのは当たり前ですが、左右(5対5)独立しても移動することができますので、足元の空間をうまく調節できます。

ただし、この座面のお尻の部分に、移動式シートが内貼りが掘り出しているのを若干確認でくるため、多少の違和感があります。決して座れないシートではありませんが、長い時間は気になってしまいますね。

また、後席の下に仕込まれた大きな引き出し式の収納ボックス「ラクボックス」が便利。置きラクボックスと名乗る通り、買い物の荷物などを”ポン”とおいて置けるのはユーザー目線でありがたい!

新型ムーヴキャンパスのトランクスペースの広さ

新型ムーヴキャンパのターゲットとして1名車での近距離コースをターゲットに作られています。

っというのも、他の所でお話したように「起きてくボックス」が設置されているために、助手席や後部座席の座面下のボックスや足元に荷物を積める”こっそりスペース”があります。

でもでも、2~3名を乗車して、大きめの荷物を載せて旅に出ることも可能!つまり、新型ムーヴキャンパスのトランクスペースの広さは「荷物室」として使うことも可能!!

まず、倒していない状態のトランクスペースがこれくらいの広さになります。

通常時トランクのスペース
高さ 855mm
横幅 880mm
奥行き 340mm

旅行バックによりますが、詰めようと思えば詰めれるはず!

そして、後部座席を前に倒すと、トランクスペースの広さがこちらになります。

通常時トランクのスペース
高さ 855mm
横幅 880mm
奥行き 1340mm

これくらいの大きさなら、かなりの大きめの荷物は全然積めることはできますよね。スライドドアだからこそのメリットで、後ドアでは詰められない大きなものも、横から積めることも可能。

あと、助手席側だけ後に倒すフラットモードすれば、横になって眠ることも・・・多分できると思います。

新型ムーヴキャンバスの燃費費はどれくらい?

ダイハツ新型ムーヴキャンバスの燃費は、JC08モードで最高FF28.6km/L、4WD:27.4km/Lとなっています。

ポン君
「おぉ、軽自動車で自然吸気エンジンなら、納得できる燃費じゃあ~、あ~~りませんかぁ?」
テンさん
「確かに。」

「ただし、この新型ムーヴキャンパス28.6km/L(JC08モード)は、あくまでも国際標準のテストで算出した数値でありまして、実際の道路とはかなりの差が出てきます」

ポン君
「ど、どれくらいの燃費なの?ムーヴキャンバスは?」
テンさん
「街乗りや高速道路などの実燃費は、こちらになります」
新型ムーヴキャンバスの実燃費まとめ
走行地:
実燃費(1Lあたり)
FF 4WD
スペック燃費 28.6km/L 27.4km/L
高速道路 約27km/L 約26km/L
郊外路 約20km/L 約20km/L
市街地 約19km/L 約19km/L

新型ムーヴキャンバスのスペック燃費と実燃費を比べると、やはりかなりの差が出ているのがわかりますね。

比べると、ムーヴキャンバスの自然吸気エンジン(FF、4WD)は市街地で燃費が70%前後、郊外路で80%前後、高速で90%といった感じでしょうか。

街乗りや郊外路を15分や30分ほどムーヴキャンバスを運転していたら、そこまで燃費は変わらないと思いますが、1時間以上運転していたらある程度は燃費費が伸びるかもしれません。つまり、高速道路などで遠乗りすると、エンジンのトルクも調子が良くなるので、燃費費が高くなってくれますね。

ただただ、ムーヴキャンパスは街乗りがメインなので、燃費平均は17~20km/Lと考えたほうが無難。

新型ムーヴキャンパスのグレード選びはXやGがおすすめ!

ポン君
「ムーヴのキャンパスの新車両価格は、いったいどんぐらいですかね?」
テンさん
「ダイハツ新型ムーヴキャンバスの新車両価格に関してですが、現行型モデルと比べると少しですが高くなります」
ポン君
「す、少しですか?ど、どんぐら高いの?」
テンさん
「グレードによりますが、高くて約6~7万円ほど担っています」
新車両価格が高くなるのは、マイナーチェンジで、ボディやエンジンなど走りに差に変化はありませんでしたが、安全装備のスマートアシストⅢが全車標準装備されたのが主な理由となります。

グレード エンジン類 駆動方式 新車両価格
L”SA III” 自然吸気エンジン FF 1,252,800円
4WD 1,377,000円
X”SA III” FF 1,404,000円
4WD 1,528,200円
X”メイクアップ リミテッドSA III” FF 1,479,600円
4WD 1,603,800円
X”ブラックインテリアリミテッドSA III” FF 1,479,600円
4WD 1,603,800円
G”SA III” FF 1,490,400円
4WD 1,614,600円
G”メイクアップ リミテッドSA III” FF 1,555,200円
4WD 1,679,400円

グレード「L」は、新車両価格で一番安く110万円台で購入することが可能ですが、外装がムーヴキャンパスのっぽくないので、もうワンランク上野グレードを選んでも良いかもしれませんね。

ワンランク上のグレード「X メイクアップ系」は内外装がそなわっており、まさに”ムーヴキャンパス”っぽいデザイン。デザインの色調がマイルドモカを基本に、ボディカラーに合わせて「ファインミント、ミストピンク」の計3色を設定できます。また、外装にシフトゲートや内装にメッキパーツを配備しているのも特徴。

最上級のグレード「Gメイクアップ系」には、当然のようにスマートアシストⅢが装備されていますが、特別な安全装備としてサイドエアバッグが設置されています。

また、最上級グレードゆえの内外装の要所にクロームメッキや3眼メーター、フロントのLEDヘッドランプが標準装備されています。

マイナーチェンジ後の新型ムーヴキャンパスの発売日

ポン君
「一体全体いつあたりになり新型ムーヴキャンパスは発売されるの?」
テンさん
「えっ?もう発売してますよ!」
「マイナーチェンジは2018年に発売されていますよ」
そもそもキャンバスのデビューは、今から約2年前となる2016年9月7日でした。

ちなみにですが、2016年9月~10月までの1ヶ月間でのムーヴキャンバスの売上累計が約2万台と発表されています。これは驚くような数値で、そもそも製造会社ダイハツは1ヶ月の売上を5,000台と見込んでいたので、その4倍の2万台を売り上げたので、かなり爆発的なヒットだったんですね。

そして、約2年後の2018年9月にマイナーチェンジとして、新型ムーヴキャンパスが発売されています。

新型ムーヴキャンパスのまとめ

されさて今回の新型ムーヴキャンパスの最新情報であるマイナーチェンジのお話はいかがでしたでしょうか?

っと言いましても、少し話の内容が古かったかもしれませんね・・・っというよrも、新型ムーヴキャンパスが発売されたのが2016年なので、まだまだモデルチェンジやフルモデルチェンジを行う時期は早すぎるかもしれませんね。実際に、ボディやエンジンに変化はなく、安全装備が少しアップデートされたくらいです。

ただ、これからムーヴキャンパスの新たな最新の情報が入り次第更新したいと思います。

ということで、今回の車のお話はここまで。今回の記事があなたの車選びの一助となれば幸いです。