新型ハイゼットカーゴがマイナーチェンジ!価格はクルーズ、スマートアシスト3

日本のボディスタイルの軽商用ワンボックス(軽バン)と言えば、どんな車を想像しますか?

「ホンダのN-VAN」や「スズキのエブリ」を思い浮かべる人も多いかもしれません。

そんな中でダイハツのハイゼットカーゴはどうですか?
秀透パッケージングの軽パンの代表格の一つで、日本の地域物流で大活躍している小さな働く車すよね!

実はこのハイゼットカーゴがモデルチェンジになるんです!!

こちらが新型のハイゼットカーゴの変わるところとして、「安全装備の一つとして歩行者認識にも対応した衝突回避支援システム「スマートアシストIII」を標準装備しているところになります。

っということで、今回ハイゼットカーゴのお話では、モデルチェンジの部分と、その他、個人的に気に鳴る点を深く掘り下げてお話をしていきたいと思います。

新型ハイゼットのボディサイズの広さ「最小回転半径が4.2mm」

ポン君
「ボディサイズは、いかがですかね~?」
テンさん
「ダイハツ新型ハイゼットカーゴのボディサイズは、軽自動車規格をいっぱいまでつかった設計となっていますね。」
新型ハイゼットのボディスペック
全長(前後の長さ) 3395mm
全幅(横幅の長さ) 1475mm
全高 1890mm

ちなみにですが、9代目のハイゼット カーゴとボディサイズは同じになります。。

日本の道路の広さは約3000mmに対して、ハイゼットカーゴの全幅が1475mmなので、2台を横に並べても隙間ができるほどの広さ。ということは、かなり余裕を持った運転ができます。

ちなみにですが、ハイゼットカーゴのライバル車のボディがこちらになります。

ハイゼット エブリイ(EVERY) N-VAN
全長 3395mm 3395mm 3395mm
全幅 1475mm 1475mm 1945~1960mm
全高 1890mm 1895mm 1475mm
最小回転半径 4.2m 4.5m 4.6m

それから、このライバルの戦いの中で注目したいのが最小回転半径ですね。ハイゼットの最小回転半径がトップで”4.2m”なんですね。この数値で、かなり小回りがきくのがわかりますね。

基本的に、最小回転半径が5.5mの数字で特に苦労することはないと言われているなかで、この4.2mは取り回しや駐車などに絶大な効果を発揮してくれるはず!

あと、ハイゼットの車内ですが、2名乗車時の荷室のフロア長1950mm、荷室高さ1235mmです。

ハイゼットキャディーは、軽スーパーハイトワゴンのウェイク初代をベースにしており、ボディサイズが「全長:3395mm、全幅:1475mm、全高:1835mm」となっています。

このボディサイズは、ウェイクと全く同じで、普段使いやすいサイズとスクエアなフォルムで、特に全高が1850mmという背の高さによる広い室内が特徴。

新型ハイゼットカーゴのパワートレイン「直列3気筒660ccとターボチャージャー」

パワートレインにはエンジンと同じく自然吸気とターボンが設定され、アイドリングストップ機能が追加されます。

エンジン:パワートレインスペック
エンジン種類 直列3気筒660cc
型式 EBD-S321V
最大トルク 60[6.1]/4000
最高出力 34[46]/5700
総排気量 658 cc
駆動方式 FR or 4WD
ミッション 5速MT or 4速AT

 

ターボ:パワートレインスペック
エンジン種類 直列3気筒660cc+ターボチャージャー
型式 EBD-S321V
最大トルク 47[64]/5700
最高出力 91[9.3]/2800
総排気量 658 cc
駆動方式 FR or 4WD
ミッション 5速MT or 4速AT

ダイハツ現行型ハイゼットのパワートレインである自然吸気エンジンは「直列3気筒660cc」で、最大トルク60kgm(AT車は53ps)、最高出力34kgm、総排気量658 ccが設定されています。及び最上級のグレード「クルーズ」に64ps、9.3kgm、総排気量658 ccのターボチャージャーを用意。

使用はMR、4WD、インパネセンターシフトの5速MT、4速ATが揃い、基本のハイルーフ、標準ルーフを設定。

ハイゼットカーゴの自然吸気モデルの走行性能は、キャブオーバー者としてトップレベルと言ってもいいですね。

それから、かなり高めの運転視界は爽快で視界が良く、出足からスムーズかつトルキーに走ってくれます。

電動パワーステアリングが搭載

そして新型ハイゼットカーゴには電動パワーステアリングが搭載されていますね。このパワーステアリングを採用することで、運転者の操舵を補助する機能で、たとえば車を曲がるときにハンドルを軽い力で操舵できたり、路面のオフロードや荒れた道のショックを軽減してくれます。

軽く扱いやすいので乗り心地は重要車的なフラットでゆったり快適なタッチを表してくれます。荒れた路面でも段差越えても振動が少なく、ショックもマイルドは長距離の運転に嬉しいですね。ただ、その分、うねりも少なく車体がふわふわする場面もあるのでちょっとマイナス、、、

新型ハイゼットカーゴの外装デザイン

ポン君
「ハイゼットのエキステリアは、どうですか(どうなんですかね?どんな感じですか」
テンさん
「ハイゼットカーゴのエクステリアデザインは、フロントグリルはたくましさを強調する台形デザイン!」

前後のLEDライトも設定されていますね。

擦りやすいフロントバンパーの左右角は部分的に外して、交換できる黒色樹脂のコーナーピース仕様。そして、カラーパック選択時はその部分もボディと同色になりますね。

業種や仕事の個性に合わせて選べる7色のボディカラーを「カラーパック」として揃えていますね。

ホワイトシルバー以外の健やかなカラーを選べるようになっています。グリーン系のファインミントメタリックやピンク系のライトローズマイカメタリックなどがそれに当たります。

新型ハイゼットカーゴの内装「インパネ、収納スペース」

テンさん
「新型ハイゼットカーゴの内装には、最先端の機能となていますね」

新型ハイゼットカーゴの内装には、汚れが目立たないブラックが基調となっていますね。

また、新型ハイゼットカーゴの内装で重視されている内装がこちらになるかと思います↓

  • インパネ
  • 収納スペース

インパネ

インパネの内装で注目したいのがインパネですね!

インパネは前の改良時に新しいデザインとなり、ブラックを基調とした上質感のあるのが特徴的。

インパネのど真ん中にあるエアコンの操作は、全車マニュアルになります。

そして、カーナビはディーラーオプションになり、搭載車すればオプションの対応ナビにステアリング搭載ガイド表示モニターが付きますね。

収納スペース

インパネ両サイドの手が届きやすい高さに用意されるドリンクホルダーは缶はもちろんのことですが、ペットボトルも対応できますね。

あと、助手席のドリンクホルダーの隣には、シフトレーバーの上あたりまで伸びる横長のトレーがあります。この部分には、メガネケースやスマフォ、など小物を置くことができます。

また、運転席の前方の斜め前にある柱のAピラー部分に、ペンホルダーやカードホルダーが標準装備されていますね。ちょっとデザイン的にどうなのって思うかもしれませんが、このちょっとしたのが便利なんですよね。働く車や趣味の相棒にもってこいのボジションにあります。

あと、助手席部分に、最大に持つ1kgのインパネフックがこっそりとあります。

ポン君
「なんのいみがあるの?」
テンさん
「簡単に言えば、カサやバッグを引っ掛けるフックですね。」

グレードによっては、オーバーヘッドシェルフが設置されています。この横の広さは、運転席から運転席までの約1400mmあり、奥行きは約150mm、高さは100mmなので、ボックスティシュや大きめの手帳を収めることができます。

仕事の道具や趣味のアイテムなどをうまく収納できますね。

ちなみにですが、ハイゼットカーゴの広さですが、助手席前倒したときで6畳相当の広さになり、カーペットが丸めて詰める最大荷室長さ2630mmほどはいります。

みかん箱の積載数は約65個も詰め込めるんですね。ライバルは69個、新ライバルのN-VANの71個となっています。

新型ハイゼットカーゴ乗り心地(座り心地)はどうなの?

ポン君
「乗った感触はいかがですか?」
テンさん
「ハイゼットカーゴの乗る感覚は、正直なところ良いとは言い難いですね、、、」

運転席のシートは狭い・・・

価格の割には良いシートの乗り心地と言ってもいいかもしれませんね。
さすが、軽バンの使われ方をわかっているという感じ。
っというのも前席の乗り降り性、キャブオーバー車ゆえフロアシートの高めは決して低くはないのですが、シートサイドのたわみ料が大きく、腰をするりと滑らかにして、スムーズに足が地面につく降車性に優れています。

ハイゼットカーゴは、パワートレーン(エンジンとトランスミッション)と運転席の位置関係を示すセミキャップオーバーらしい着席位置ゆえに、運転席が狭いと言う印象があります。

身長が175cmで体重70kgの私の場合ですが、ハイゼットカーゴの運転席は前が出ているために、狭いという判断しますが、もう少し小柄な人からすれば、良好な位置で前方視線と取り回しの良さが美点と評価する人もいるはず。

ポン君
「アレがあったらいいんじゃないんですかぁ?アレ?」
テンさん
「あれ?とは?・・・・」
「シートリフターのことですか?」

運転席の高さを調節できるシートリフターは、残念ながらハイゼットカーゴには設定されていないんですね。

まあ、この価格なら仕方がないかと・・・
あと、ハンドルの高さを調節するチルトステアリングも設定されていません。

ちなみにですが、ハイゼットカーゴは荷台にたくさんの荷物を詰め込むことができるため、このスペースを利用し軽自動車キャンパーのベース車としても使われていますね。っで、この後部座席のスペースを別途として利用される方もいますが、前席を後に倒して、寝かせることも可能で、仮眠や車中泊時に十分使えるんですね!

後部座席はベンチシートでヘッドレスが未装着

ハイゼットカーゴの後部座席はベンチシートタイプで、このベンチシートは、背もたれの高さが短く、ヘッドレスも未装着になります。なので、1~2時間ほど後部座席に座っていると、肩や首に疲れが溜まってしまいますね。

短い時間ならまだしも、長時間には向いていない後部座席に着席するなら、背パレード式の分割常用のクルーズ軽指名したいところ。この背パレード式は頭上は広大ですので、長い時間座っていたとしても、肩や首に疲労を溜め込まない。

ただし、シート自体が薄っぺらいために、お尻や肛門が痛む可能性がありますね、、、あと、足先空間はややタイトなのもきになります。

まあ、最終的に言えるのは、ハイゼットカーゴのシートはゆったりとは座れませんね。

新型ハイゼットのトランクスペースの広さ、大開口部の位置

ポン君
「ハイゼットのトランクは、いかほどくらいの広さがあるものなんですか?」
テンさん
「ハイゼットカーゴのトランクの広さは、かなりのスペースがあリます」

っというよりも、ハイゼットのウリは、このスペースの広さですよね。

人や思い出を積むクルマというよりも、どちらかといえばハイゼットは、荷物を積むことだといえますね。

通常時トランクのスペース
高さ 1200mm
横幅 1350mm
奥行き 1860mm

ハイゼットカーゴのトランクは、大開口に加えて、車両はハイルーフなので、背の高い荷物もラクラクに飲み込んでくれるんですね。

少人数の友達や家族とバーベキュウーや旅行に使う荷物を詰め込みやすく、たくさん乗せることができます。

開口部の位置としては、ホンダのN-VANほど低くはないのですが、底面は十分に低く、実用上不足はまったくないですね。

文字通りのフラットに拡大できる水平格納シートは4人乗り全車に標準装備できます。

それから、乗員と荷物に応じたアレンジが可能なグレードも設定されており、助手席を前に倒して、平にすることができます。

この助手席を倒す機能が設置されているグレードは、「デラックス、スペシャル」などの2シータ仕様に標準で用意されています。

助手席から荷台までの長さが2360mっと、かなりのスペースが確保できるために、長くて太いカーペットを丸めて詰め込むことも可能。

走行機能、走行システム「どんな機能」

ポン君
「ハイゼットカーゴの安全装備ってのは、いかほどの安全な機能が内蔵してるの?」
テンさん
「第初のハイゼットカーゴの安全装備につきましてはスマートアシストⅢが採用されていますね。」
ポン君
「なぁ、なんですか、それ?スマ~ト、なんちゃらって?」
テンさん
「”スマートアシストⅢ”です」

スマートアシストとは、ダイハツが開発している、クルマが”ドカぁーンっ”っと、ブツカラないように、未然に防ぐブレーキ自動システムのこと。

そもそも現行型ハイゼットカーゴ(十代目)がマイナーチェンジした2017年11月の段階で、スマートアシストⅢは採用されております。

スマートアシストⅢ
  • 衝突回避支援ブレーキ機能(対車両・対歩行者)
  • 車線逸脱警報機能
  • AT誤発進抑制制御機能(前方誤発進・後方誤発進)
  • 先行車発進お知らせ機能
  • ハイビームアシスト

この中で、とりわけ今回、ハイゼットカーゴで特徴的な気にスべきポイントを押さえてみました♪

衝突回避支援ブレーキ機能

衝突回避支援ブレーキ機能として、車両や歩行者を感知し衝突を未然に防ぐ機能になります。

ただ、ハイゼットカーゴに安全機能としては、どちらかというと対向車よりも、主に歩行者に作動します。

ハイゼットカーゴに内蔵されている左右のカメラが感知し、目の前に歩行者がいた場合に衝突回避支援ブレーキ機能が作動します。

この安全機能の内容としては、たとえば自車速度が約30km/h以下であれば自動停止による衝突回避。また、約30~50km/hの場合は、衝突回避支援ブレーキが作動しますね。

しかしながら、この機能はあくまでも歩行者や対向車をメインとして設定されているために、二輪車や電柱、壁などに対しては作動することはありませんね。

車線逸脱警報機能

ロングドライブ時の”はみ出し運転”を大幅に軽減してくれるのが車線逸脱警報機能。

運転時に車線からタイヤがはみ出したときに、警告音が”ビービー”と鳴り、音で知らせてくれます。

ハイゼットカーゴに搭載されている安全システムの一つ車線逸脱警報機能として、 約60km/h以上の速度を出した状態で走行中にタイヤを車線から逸脱しそうになると、内蔵されているステレオカメラが車線を検知し、ブザーの警報音と車内のメーター内の警告灯で危険をドライバーへ知らせてくれます。

もちろん知らせる意味としては、逸脱回避操作を即すため。

ポン君
「今の時代、このような安全システムって、当たり前だとは思うんですが、無いよりはあったほうがいいですよね!」
テンさん
「そうなりますね」

ただし、利用者の話によると、道路によっては効果がないこともあるそうです・・・・たとえば、地方などで中央線がひかれていない道でハイゼットカーゴを走らせていると、白線をまたいでいないのに、警告音が鳴ることもあるそうです。

走行中に中央に寄っただけで車線逸脱警報が敏感すぎるほどにちょくちょく鳴ってしまうとのこと。

AT誤発進抑制制御機能

「絶対にないだろっ!」っと思いながらも、体が疲れたり、眠かったり、いろんなことを考え込んでいるときに、起こってしまいがちなのが駐車場などでの誤操作による”急発進”や”急後進”。

この、厄介なご操作を防いでくれるのがハイゼットカーゴの安全システムの一つ「AT誤発進抑制制御機能」になります。

機能の内容といたしましては、止まっている状態、または10km/h以下の徐行時、前方約4m以内に人や車、小動物物、物があるのにもかかわらず、様々な理由でアクセルペダルを一定以上の時間にかけて踏み込まれた場合に、警報音と一緒にエンジン出力が抑えてくれます。

つまり、アクセルの踏み間違いによる急発進事故を抑制するんですね。

あと、ハイゼットカーゴを約10km/h以下で走行中にアクセルを強く踏み込んだ場合にも、エンジン出力が抑制され、ブザー音とメーター内表示で警告されます。

その他にも、改良では下記の装備が追加されています。

  • VSC(ビークルスタビリティコントロール)
  • リヤコーナーセンサー
  • エマージェンシーストップシグナル

新型ハイゼットカーゴの燃費はどれくらい?

新型ハイゼットカーゴの実燃費につきまして、スペック燃費の6~7割ほどだと言われています

新型ハイゼットカーゴのカタログデータに記載されている燃費字は
自然吸気エンジン(直列3気筒660cc)で”17.8km/L”、ターボエンジン(直列3気筒660cc+ターボチャージャー)が”18.8km/L”となっています。

では、実燃費はどうでしょうか↓

走行地:実燃費(1Lあたり)
               自然吸気エンジン ターボエンジン
カタログ燃費 17.8km/L 18.8km/L
高速道路 18.0km/L 19.1km/L
郊外路 13.1km/L 14.0km/L
市街地 12.0km/L 13.0km/L

やはりカタログデータの燃費と比べると、実燃費の数字は低くなっていますよね。

カタログデータより超えているのが高速ですが、街乗りだと約6割、郊外路で約7割になっています。

実際にハイゼットカーゴを利用している人の話を聞くと、
エアコン無しで街なかを運転すると、15~16km/L前後をキープすることもあるそうです。ただ、この数字は、エアコンを使っていないときで、しかも荷物や人を載せていないときの実燃費の数字。

街なかの実燃費が15~16km/Lはかなり理想的かもしれませ。ただ、夏や冬などエアコンの力を使わないと運転を集中することができない季節になると、どうしても燃費が下がってしまいますね。実際問題としては、12~13km/L前後になってしまうとのこと。

あと、旅行や車中泊などで重い荷物を載せると、もっと燃費が下がるとのこと。

可もなく負荷もない燃費の数字でしょうか?

ちなみにですが、ハイブリッドカーゴに満タンのガソリンを入れた状態で走ると、約500kmほど走ってくれますね。

新型ハイゼットカーゴのマイナーチェンジ・発売日はいつ?

ポン君
「ハイゼットカーゴの最新発売日ちゅうのは、実際のところいつあたりになるもんですかね?
テンさん
「すでに発売してますよ!」

マイナーチェンジ後のダイハツ新型ハイゼットカーゴは、
2018年12月10日に発売してます!

新型ハイゼットカーゴの価格はスペシャルよりクルーズがおすすめ

ポン君
「ハイゼットの価格って、どれぐらいするんですかねぇ?」
テンさん
「新型ハイゼットカーゴの価格ですが、ざっくり言えば”106万円~149万円”になります」

基本的に新型と現行モデルは同じ価格帯となります。

モデルチェンジにより、安全機能の新技術を多く投入しているためにメーカーのダイハツとしては値上げをしたいところだと思われますが、ここは私たちカーユーザーのことを思い据え置き価格に設定されていますね。

こちらは2018年12月に販売された、新型モデルのハイゼットのグレードと価格になります。

グレード 起動方式 トランス
ミッション
車両価格
スペシャル FR 5速 MT 934,200円
4速AT 999,000円
4WD 5速MT 1,069,200円
4速AT 1,134,000円
スペシャル“SA III” FR 5速MT 999,000円
4速AT 1,063,800円
4WD 5速MT 1,134,000円
4速AT 1,198,800円
スペシャルクリーン FR 4速AT 1,020,600円
4WD 1,155,600円
スペシャルクリーン “SA III” FR 4速AT 1,085,400円
4WD 1,220,400円
デラックス FR 5速MT 1,026,000円
4速AT 1,090,800円
4WD 5速MT 1,161,000円
4速AT 1,225,800円
デラックス“SA III” FR 5速MT 1,090,800円
4速AT 1,155,600円
4WD 5速MT 1,225,800円
4速AT 1,290,600円
クルーズ“SA III” FR 5速MT 1,177,200円
4速AT 1,242,000円
4WD 5速MT 1,312,200円
4速AT 1,377,000円
クルーズターボ“SA III” FR 5速MT 1,296,000円
4速AT 1,360,800円
4WD 5速MT 1,431,000円
4速AT 1,495,800円
ポン君
「ちゅうか、なんだかグレードの種類が多いですね、、」
「どれを選んでいいのやら、、、迷っちゃいますよ・・・」
テンさん
「業務用と一般用を分けて考えると選びやすいかと思います」

業務用として新型ハイゼットを選ぶなら、グレードのスペシャルがおすすめ。

ただ、業務用ハイゼットではなく、一般用を考えているなら、2名乗車のホビーコースとして選ぶなら「クルーズ」以上がおすすめになりますね。

このクルーズ以上のグレードになると、安全装備のスマートアシストⅢ(SAⅢ)が装着されるので、安心して運転することができます。

また、グレードの「スペシャル、SAⅢ、クリーン」などスペシャル系ではカラーパックが白とシルバーだけの、まさに業務用カラーになります。

それに比べて、クルーズ系の「クルーズ、SAⅢ、ターボ」は「ミント、ピンク、ブルー、ブラック」など、選ぶことが可能で、見た目の仕事クルマ感が薄れますね。

また、クルーズ系は、分割常用式のヘッドレス付き後部座席を添えているために、3人以上でも楽ちんに座ることができます。ただ、ハイゼットが楽ちんに座れると言いましても、タントのように広々快適に座れるわけでは決して無いことだけはわかっていただきたいです。

それからハイゼットには、目的の為に部品や装置を取付けたり、ボディやシャシに対して改造を図る特装車が用意されています。

【特装車】

グレード 起動方式 トランスミッション 車両価格
デッキバン L FR 5速 MT 1,209,600円
4速AT 1,274,400円
4WD 5速MT 1,344,600円
4速AT 1,409,400円
デッキバン L“SA III” FR 5速MT 1,274,400円
4速AT 1,339,200円
4WD 5速MT 1,409,400円
4速AT 1,474,200円
デッキバン G “SA III” FR 5速MT 1,404,000円
4WD 1,553,040円
カーゴ2シーター FR 5速MT 934,200円
4WD 1,069,200円
FR 4速AT 999,000円
4WD 1,134,000円
カーゴ2シーター“SA III” FR 5速MT 999,000円
4速AT 1,063,800円
4WD 5速MT 1,134,000円
4速AT 1,198,800円

 

まとめ

この位置までたんたんと読み上げていただきまして本当にありがとうございます。

ポン君
「いえいえ」
テンさん
「・・・(あなたに言ったんじゃないんですけど)」

っで、今回の新型ハイゼットカーゴのフルモデルチェンジや豆知識などについてどうでしたか?理解していただけたでしょうか?

N-VANなど、軽バンのライバル車が次々にニューモデルチェンジが生まれているために、本当に買うかどうかを迷っている人もいるかも知れませんね。

そんな中で、今回のお話がちょっとでもヒントになれば幸いでございます。