ど、どれくらい?ミニ・クロスオーバーのサイズ?タイヤ、ホイール、全長、全幅、全高」

クロスオーバーのボディサイズ BMW

「手頃で扱いやすいサイズ感!それがMINI・CROSSOCER(ミニ・クロスオーバー)」

クロスオーバーは、ドイツBMWグループからリリースされているブランドのミニの一種になります。

ミニの種類に「3ドア、5ドア、コンバーチブル、クラブマン」そして「クロスオーバー」が販売されていますが、この中で一番大きなボディサイズを誇っているのが「クロスオーバー」なんですよね!

そして、クロスオーバーは、初代から2代目に切り替わり、をBMWX1と同じプラットフォームを共有しています。

ポン君
「なにそれ?」
テンさん
「気になりますよね?」
ポン君
「気になるよ、それなり?」
テンさん
「っということで、今回は、ミニ・クロスオーバーのボディ大きさ(全長、全幅、全高)や、タイヤ、ホイールサイズなどのお話をしていきたいと思います」
ポン君
「ぅだぁ、、、ちょっと書いてくれれば、いいのに」
テンさん
(・・・ちょっとだけ書いたら、記事にならないんですよ)

 

ミニクロスオーバーのボディサイズ「プラットフォームにより全長が大きくなる!」

クロスオーバーのボディサイズ
2代目MINI・CROSSOCER(ミニクロスオーバー)は、新設計プラットフォームにより全長がアップされています!

かなり昔のお話になりますが、初代ミニクロスオーバーが一般的に登場したのは、2008年のこと。

この時期にフランスのパリで行われたモーターショーでお試し感覚でのコンセプトカーとしてお披露目が行われましたよね。

そして2年後の2010年1月の北米で行われたデトロイトモーターショーで発表し、次の年の春に日本導入でしたよね。

この後、2014年にマイナーチェンジが行われました。

そもそも初代クロスオーバーがモチーフになったのは、「ミニ・ビーチコーマーのコンセプトカー」と「ミニ・カントリーマン」だと言われています。

ポン君
「初代のサイズってどんくらいなの?」
テンさん
「初代ミニクロスオーバーはこちらになります」

現行型のボディサイズは、「全長:4097 mm、全高:1561mm、全幅:1789mm」で、「ホイールベース:2595 mm」となっています。

そしてそして第2世代車の現行型ミニクロスオーバーが登場したのは2016年の秋。アメリカのカリフォルニア州ロサンゼルスにある会場で2016年11月18日に開催されたモーターショーで初めて公開されました。

ボディサイズは「全長:4315mm、全高:1557mm、全幅:1821mm」で、「ホイールベース:2670mm」となっています
第1世代よりも200mmほど長く、90mm広いです。

ポン君
「ちゅうか、ちゅうか、さっきから思っていたことあるんですけど」
テンさん
「なんでしょうか?」
ポン君
「ミニってつくのに、じぇんじぇん、ミニじゃないんじゃないの?」
「おいらより、じぇんじぇん大きいし!」
テンさん
「確かに」
MINIの中でも「3ドア、5ドア、コンバーチブル、クラブマン」と車種がありますが、現行型MINIの兄弟の中でも、一番大きいサイズがクロスオーバーなんですよね。

っというのも、クロスオーバーは現在MINIにはいわゆるプラットフォームが2つ存在しています。

プラットフォームのスモールタイプが設置されているのが「3ドア、5ドア」が属されます。

プラットフォームのコンパクトタイプは、クロスオーバーやクラブマンが属します。

このコンパクトタイプのプラットフォームはFF系プラットフォーム(BMW UKL2)が採用されており、このプラットフォームは、SUVのBMWX1や2シリーズ(アクティブツアラー、グランツアラー)と共通のFF系プラットフォームが採用されているんですね。

ミニクロスオーバーのタイヤサイズ、ホイールの大きさ

快適な移住性と走行性能、最新のエンジンにより、魅力的な走行も期待できるミニクロスオーバー!

しかしながら、評価されているのはタイヤにもポイントがあるんですよね。

2代目ミニクロスオーバーのタイヤサイズについて見ていきたいところですが、2017年より第2世代モデルが発売されてからタイヤサイズは一種類のみ、ホイールサイズは2種類が設定されています。

では、各グレードのタイヤサイズを見ていきたいと思いますが、こちらの表は2017年3月に日本での発売が開始されたばかりのタイヤ、ホイールサイズになります。

グレード名 タイヤ横幅
(mm)
扁平率
(%)
ラジアル
記号
タイヤサイズ
(インチ)
発売日
クーパーSE
クロスオーバー
オール4
225 50 R 18 2017年3月
クーパーD
クロスオーバー
225 55 R 17
クーパーD
クロスオーバー
オール4
225 55 R 17
クーパーSD
クロスオーバー
オール4
225 50 R 18

上の表で記載しているように、ミニクロスオーバーのタイヤサイズであるタイヤの横幅の大きさは225mmになります。

そして、ホイールサイズは、「クーパーD、クーパーD オール4」が17ホイール、グレードの「クーパーSE、クーパーSD 」が18ホイール、となっています。

ミニクロスオーバーの4つのグレードのパワートレインは同じ直立3気筒にターボが組み合わされ、排気量が1.5Lが設定されていますが、シフトレバーや駆動方式が微妙に異なるために、それぞれのホイールサイズにも違いが出ている模様。

グレード「クーパーSE オール4」のシフトレバーが6速ミッション、駆動方式が4WDとなっていますが、グレード「クーパーD」は8速ミッションのFF、その他のグレードは8速ミッション、4WDが設定されています。

それからホイールのデザインについては、種類も豊富で、外装に合わせたフォルムが準備されています。

ホイール
サイズ
デザイン  スポーク数 カラー 画像
19 MINI yours
マスターピース
9 ダーク・グレー クロスオーバーのホイールベースMINI yours マスターピース
19 エッジ・スポーク 5 シルバー ミニ クロスオーバーのホイールベースエッジ・スポーク
19 john Cooper Works コース・スポーク  523 10 ブラック
2トーン
ミニ クロスオーバーのホイールベースjohn Cooper Works コース・スポーク 523
19 John Coper Works ラリー・スポーク 536 15 アルビン・ホワイト クロスオーバーのホイール John Coper Works ラリー・スポーク 536
19 John Coper Works ラリー・スポーク 536 15 オービット・グレー クロスオーバーのホイール John Coper Works ラリー・スポーク 536 2
18 ビン・スポーク 10 グレー クロスオーバーのホイール ビン・スポーク
18 ビン・スポーク 10 ブラック クロスオーバーのホイール ビン・スポーク2
18 ベア・スポーク 7 ダーク・グレー クロスオーバーのホイール ベア・スポーク
18

 

john Cooper Works、・スポーク529 2トーン
15
ブラック・スリル クロスオーバーのホイール john Cooper Works、・スポーク529
17 インプリント・スポーク 7 シルバー クロスオーバーのホイール ベースインプリント・スポーク
16 リヴォレット・スポーク 5 シルバー

ミニクロスオーバーサイズのまとめ

今回の記事では、ミニクロスオーバーのサイズをメインに記載してみました。

サイズのボディ「全長、全幅、全高、ホイールベース、タイヤ、ホイール」などのお話で、今回は初代と2代目を比較してみました。

2017年に新しくモデルチェンジが行われ
BMWX1と共有したプラットフォームにより、ボディサイズにかなりの変更が行われていますね。

タイヤやホイールサイズには大きな変更はありませんでしたが、ホイールのデザイン、カラーなどにはかなり変更されているので、気になる方はカタログなどをチェックしてもいいかと思います。

好みは人それぞれ違うために、自分にあった車のサイズを選んでみたはいかがでしょうか?

今回のサイズ情報が役に立てれば嬉しいところです。